特集
カテゴリー
タグ
メディア

ジェームス斎藤って誰だ!『スラング英会話~はじめの一歩編~』で目指せバイリンガル

タブロイド

ジェームス斎藤って誰だ!『スラング英会話~はじめの一歩編~』で目指せバイリンガル

iPhone:英語学習者としては、こんな感じに肩の力の抜けたツールが、欲しくなる時があるんですよね。そろそろ、英語が話せるように復習でも始めてみようかという人も、本アプリなら楽しく身につけられると思いますよ。

何とも言えない存在感を持ったキャラ「ジェームス斎藤」がいい味だしてる『【最強】スラング英会話〜はじめの一歩編〜』、実はかなり使えるアプリだったりします。

ネイティブな英語とつながるための3ステップ

たまに「日本の英語学習法は間違いだ」なんて話を聞くことがあります。でも実は、中学英語の勉強法でも、基礎学習法としては良くできていて、ただ単に英語の利用機会が少ないことが問題なだけだったりします。

今どき、ネット使えば、英語ネイティブとつながること自体は、実に簡単な時代。日本人相手でも会話が苦手だ、というタイプでなければ、お金をかけずに英語力を磨くことなんて、そんなに難しくなくなりましたからね。

かといって、いきなり見ず知らずのネイティブと会話やチャットを楽もうと思っても、ためらってしまうのは無理のないこと。そこで、できればクリアしておきたいポイントは、大きく3つあると思います。

1. 語彙力(単語の知識量)が少ない

2. 文法の例外的な運用に付いていけない

3. スラング(慣用句や、若者言葉的なやつ)がわからない

1. は、ボチボチがんばってくださいという話。2. は、実戦あるのみ(大抵の場合、間違っても言いたいことは通じるし、誤解が生じても、英語に不慣れということで許してくれる)というわけで、本アプリでスラングを学んでおくというのは、一歩踏み出すのに大きな力になってくれるということなんですね。

130826tabroid_slungeng.jpg

問題の中にある「Listen」ボタンで、ネイティブ発音を確認することもできます。個人的に、ジェームス斎藤のカタコト発音を楽しみにしておりましたが、ここはマジメな作りにしてくれてますよ。

「Memo」ボタンでアーカイブしておいて、あとで見直すこともできます。

レビューの続き&ダウンロードはこちら:TABROID

swiper-button-prev
swiper-button-next