特集
カテゴリー
タグ
メディア

GmailなどWebメールの暗号化には『Mailvelop』が便利

  • カテゴリー:
  • TOOL
GmailなどWebメールの暗号化には『Mailvelop』が便利

Mailvelope』を使えば、Webメール上でセキュリティと利便性の両立を図ることができます

同ツールはFirefox用アドオン、及びChrome用拡張機能としてリリースされています。もしOperaで使いたいときはこちらの記事を参考にしてみてください。ツールのインストールが完了したら次の設定を行います。

  1. ブラウザのアドオンページを開き、Mailvelopeのオプションを開きます
  2. 左側のメニューから「Import Keys」をクリック
  3. 空のテキストウィンドウが表示されるので、(任意のテキストエディタに入力した)パスワードをそこにコピーアンドペーストします
  4. 「Submit」をクリックするとパブリックおよびプライベートキーがキーリングに無事インポートされたことを示す緑色のアラートボックスが2つページ上に表示されます

Mailvelopeの優れたところは使用している全てのアドレスに対して別々のキーペアを設定する必要がないというところです。キーペアの追加が完了したら、Gmail、Yahoo、またはその他のウェブメールクライアントをMailvelopeの設定画面から「Watch List」に追加。

Mailvelopeが対応しているサービスや機能の一覧はこちらで確認できます。

Watch List

次回Webメールを開き、作成ボタンをクリックするとメッセージ作成エリアにノートボタンが追加されているはずです。それをクリックするとMailvelopeの作成画面が起動します。

ウィンドウにメール内容を入力し、ノートボタンを再度クリックします。メッセージの暗号化に使用するキーペアを選択し、OKをクリックすると文字化けしたメッセージが表示されるので、「Transfer」をクリックしてWebメールの本文入力欄に転送してから送信します(Mailvelopeでメッセージを作成している間はGmail側に情報はリンクされず、下書きも保存されません)。

Mailvelopeにはメッセージと一緒に送信される添付ファイルが暗号化されない、という欠点があります。ですが、プライバシーやセキュリティに焦点を置いたクラウドサービス(英文)も多数あるので、併用すれば問題ありません。

Alan Henry(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next