特集
カテゴリー
タグ
メディア

どれだけ倒せてる? 生産性を殺す14の刺客

どれだけ倒せてる? 生産性を殺す14の刺客

IQTELL's Productivity Blog:知識は「力」です。変化するための力であり、正しいことを成すための力であり、生産性を向上させる力でもあります。

私は何年間も生産性の敵と戦ってきました。きっと誰もが苦しい戦いを続けているはずです。敵をよく知らなければ、戦いには勝てません。敵はどこからやって来るのか、どうやって倒せばいいのかを理解してください。生産性を殺す14の刺客を知り、退けるための方法を知りましょう。

1番目の敵:「気晴らしと妨害」をコントロール

気晴らしと妨害はどこにでもあります。これらをうまくコントロールできないと、毎日の生産性は損なわれます。気晴らしや妨害のコントロールの扱い方を覚え、生産性をキープしてください。GTDの父・David Allen氏もそうしています

(関連記事:集中できないと悩んでいる人が注意すべき4つのポイント

2番目の敵:「無計画」で進めるな

プランニングは、気晴らしを遠ざけ、目的に集中し、一日を効率よく過ごすのを助けてくれます。また、プランニングには神経を落ち着かせる効果もあります。

(関連記事:長期プロジェクトの間もモチベーションを保つには、計画時にもワクワクすること!

3番目の敵:「悪い習慣」は蹴散らせ

前進するには悪い習慣を追い出さねばなりません。誰でも多かれ少なかれ悪い習慣を持っているとはいえ、悪い習慣はさまざまな形であなたに害を及ぼします。たとえば、多くの場合、悪い習慣は「良い習慣の獲得」を邪魔します。悪い習慣に潰されてしまう前に克服方法を学んでください。

(関連記事:悪い習慣を脱するには「習慣のループ」に着目

4番目の敵:「先延ばし」に打ち勝て

経験を積み賢くなるほど、先延ばしとの戦いも厳しくなります。なぜか? あなたの敵はあなた自身だからです。既成概念にとらわれず、自分に打ち勝つ方法を見つけてください。先延ばしを克服するヒントがこちらにあります。

(関連記事:先延ばし癖を矯正して生産性が飛躍的に上がる「リセット習慣」

5番目の敵:「ストレス」は絶対に溜め込むな

ストレスは生産性の最大の敵です。常にストレスを減らすよう努力しないと、集中力がどんどん奪われていきます。ストレスレベルをコントロールして、ゾーンの世界に戻ってください。

(関連記事:成功する人の「9のストレス対処法」

6番目の敵:「睡眠不足」に陥るな

昨日はよく眠れなかった? それでは今日の生産性は期待できませんね。睡眠は、集中力や思考プロセス、創造性などあらゆることに影響を与えます。スケジュールが厳しい時でも、良質の睡眠をとる方法学んでください。また、どれだけ眠ればいいかスヌーズボタンがなぜ悪いのかを学んでください。

(関連記事:「8時間寝るのがベスト」は忘れよう:集中力向上につながる睡眠ハック3選

7番目の敵:「やめどき」を見極めよ

ある方向に向かって労力をつぎこんでしまうと、途中でやめることができなくなります。

しかし、やめられないことも生産性の敵の一つなのです。やめることの大切さを学んでください。

(関連記事:「辞め時」を知るために...決断できない人への考え方のヒント

8番目の敵:「マルチタスキング」は向き不向きがある

あなたは本当に複数のタスクを同時にこなせていますか? タスクを達成する最良の方法は、ただタスクを達成することです。シンプルですね。今までマルチタスキングともてはやされていたものは、実際にはマルチスタートだったのではないでしょうか? スタートしても、ゴールに到達できないのでは意味がありません。

(関連記事:「マルチタスク」は本当に悪いのか、科学的に解明してみた

9番目の敵:「アンバランスな栄養」はご法度

栄養のバランスは、集中力、持久力、仕事の効率、成果物の品質などに直接影響します。食事の改善で、生産性が平均で20%もアップします!

(関連記事:手間ひまかけずにヘルシーな食事が作れる簡単レシピとアイデア

10番目の敵:「運動不足」は身を滅ぼす

生産性のレベルは日常的なエクササイズへの取り組み方によって大きく変化します。運動すればするほど、エネルギーレベルや集中力の持続時間は向上します。また、エクササイズは自身の感覚も高めてくれます。モチベーションに関係する、テストステロンのレベルを高めてくれるワークアウトもあります。

(関連記事:1日たったの7分間! 最新の研究で実証された高効率エクササイズ

11番目の敵:「時間管理」を意識すべし

時間への意識を高め、適切に管理することが生産性の鍵となります。「ポモドーロ・テクニック」を耳にしたことは? 時間をブロック単位で管理し、適度な休憩も組み込まれたメソッドです。ポモドーロ・テクニックを使えば、根を詰めすぎて結果的に生産性が下がる事態を回避できます。

(関連記事:時間管理術「ポモドーロ・テクニック」のためのデスクトップタイマーアプリ『Tomighty』

12番目の敵:「失敗」は終わりでなく始まりである

失敗は誰もが避けたがる大切な学びのプロセスです。また、失敗しない人などいないのも事実。失敗にも目的があり、そこから学びが得られることを理解してください。そして、失敗したら終わりだと決めつけている脳のデフォルトプログラムを書き換えてください。

(関連記事:潜在能力を引き出すカギは「自分の失敗を受け入れる姿勢」である

13番目の敵:「言葉遣い」に気を払え

あなたの言葉遣いがプロジェクトの成否に大きく影響します。使う言葉を選べば、自信やコミットメント責任遂行能力を高められます。

(関連記事:言葉は感情を生み出すためのもの~説得力のあるコミュニケーションに大事なこととは

14番目の敵:「いろんなことに手を出す」のはやめろ

最後に、IQTELL流の成功の秘密を教えます。1つの仕事に集中することです。いくつものアプリやタブ、リスト、ファイルを飛び回っていると、どんなに生産性の高い人でも消耗します。効果的なツールを使えば、マインドを平静に保ち、エネルギーを集中できます。とにかく、1つのことに集中するのが鍵です。

(関連記事:4つの制限をかけて集中すれば、仕事はきちんと効率よく終わる

14 Enemies of Productivity and Why You're Losing | IQTELL

Haim Pekel(訳:伊藤貴之)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next