特集
カテゴリー
タグ
メディア

Facebookに写真を投稿し過ぎると、嫌われるリスクが高まる:研究結果

GIZMODO

  • カテゴリー:
  • TOOL
Facebookに写真を投稿し過ぎると、嫌われるリスクが高まる:研究結果

ギズモード・ジャパンより転載:イギリスの4つの大学が研究した結果、「Facebookに写真を投稿する頻度」と「その人を友達たちがどのぐらい好きか?」が反比例関係にあるという結果が出たそうです。

頻繁に写真を投稿する人はネガティブな印象をもたれやすい

その研究のリーダーであるDavid Houghton博士の話では、彼らの研究によると頻繁に写真をFacebookに投稿する人は、リアルでの人間関係に損傷を与えるリスクを高めているという結果が出たそうです。

その理由としては、よっぽど近しい友人や親類だと楽しめるのですが、それ以外の人にとっては、どんどんコンスタントに写真を投稿されても、「そんなに親しいわけでもないよね?」という感情が強調されるようになってしまうそうです。中には肯定的な反応をする人もいるけれど、多くの場合、ネガティブな印象を持つそうですよ。

ただし、友達やパートナーであればOKです

この研究は非常にシンプルなもので、500人の参加者を集い、それぞれの友人たちがどのぐらい頻繁に写真を投稿しているかをチェックした後、その友達たちに対してサポートと親密さのレベルを評定するというもの。

すると、友達とパートナーの写真は好きだけど、その他の人の写真には、それほど興味は無いと感じている傾向が強く、結果的に興味のないものをバンバン投稿されるとネガティブな印象になってしまうという結果がグラフに現れてしまいました。

20130722_facebookphoto2.jpg

心当たりのある人へ、エジンバラ大学のBen Marder博士からのアドバイスを。「写真や面白いサイトのリンクを紹介したいと思ったら、まずは再考して2回投稿するところを1回にしてみる」と良いそうです。もしくは、Flickrを利用する方がいいのかもしれませんね。

とはいえ、写真を頻繁に投稿する人の性格や内容、国民性の違いで結果が変わる可能性もありますけれど。

[PhysOrg]

Adam Clark Estes(原文/junjun )

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next