特集
カテゴリー
タグ
メディア

クイズやアンケートが簡単にできる! 意外と知られていない「Googleフォーム」の使い方

クイズやアンケートが簡単にできる! 意外と知られていない「Googleフォーム」の使い方

Webテストを作ってみたい人、アンケートを取りたい人におすすめなのが「Googleフォーム」です。意外と知られていない、Googleによるフォーム作成ツールです。試しに今回はテストを作ってみましょう。これされ分かれば、他にも応用できるようになりますよ!

「作成」>「フォーム」を選びましょう

テストを作る

今回は名前を入力後、3つの質問に答えてもらうフォームを作ります。すべて「穴埋め」タイプの質問です。

フォームの作り方は簡単です。Googleドライブを開き、「作成」>「フォーム」を選びましょう。デフォルトテーマを選び、好きな題名をつけてOKします。

「質問の形式」をテキストにし、「質問のタイトル」に質問の内容を入力します。

「質問の形式」をテキストにし

「回答先を選択する」>「新規スプレッドシート」>「作成」を選びます。すると先ほどの「回答先を選択する」が「回答を表示」に変わり、ここをクリックすると回答がまとめられたスプレッドシートを見れるようになります。さて、このスプレッドシートを編集していきましょう。

「回答先を選択する」>「新規スプレッドシート」>「作成」

スプレッドシート内に「フォームによるレスポンス」タブが作成されています。1行目、2行目に「模範回答」「正解時の点数」を入力していきます。今回はすべての点数を5点にしましたが、何点でも好きな点数を設定しましょう。

IF関数を使って、答え合わせができるようにしましょう

これで、回答を待ちましょう。

ある程度回答が集まったら、IF関数を使って答え合わせをしてみます。3問の場合は次のような関数を入力。

=If(C4=$C$2,$C$3, 0) If(D4=$D$2,$D$3, 0) if(E4=$E$2,$E$3, 0)

回答ごとに行が追加されていくので、関数が入力されたセルを下向きにオートフィルコピーしていけば自動で答え合わせされます。これでできあがりです!

テンプレートを使う

スプレッドシートを使う自信がない場合や、サクッと作りたい場合は、Google フォームの「ファイル > 新規作成 > テンプレート」を開いてテンプレートを使ってみるのも手です。

テンプレートを使う

この方法の便利なところは、結果が全てスプレッドシートでリアルタイムに更新していくことです。普段からエクセルで使っている関数を応用して、自分仕様のフォームを作ってみてください。

Angela Alcorn(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next