特集
カテゴリー
タグ
メディア

スクリーンショットに端末本体のフレームを追加して見た目良く仕上げる5つの方法

スクリーンショットに端末本体のフレームを追加して見た目良く仕上げる5つの方法

Digital Inspirationスマホやタブレットで撮影したスクリーンショットに、撮影した機器のフレームを追加する5つの方法を紹介します。

はじめに、スマホでスクリーンショットを撮る方法についておさらいしておきましょう。iPhoneはホームボタンとスリープボタンの同時押し。Android端末の場合は、ボリュームを下げるボタンと電源ボタンをの同時押し。Windows Phone 8はスタートボタンと電源ボタンの同時押し。以上でスクリーンショットがカメラロールに保存されます。

ではさっそくはじめましょう。より臨場感あふれるイメージをつくることができますよ。

1.「Dribbble」内の無料イメージを使って、Photoshopで合成する

「Dribbble」内の無料イメージを使って、Photoshopで合成する

世界中のクリエイターが登録した作品を掲載しているサイト「Dribbble」から無料の機器イメージを入手しましょう。「freebies PSD <機器名>」で検索してみてください。

お気に入りのイメージを見つけたら、ダウンロードし、そのPSDファイルをPhotoshopに取り込みます。画像の上に新しいレイヤーを作り、スクリーンショット画像を配置します。最後に「Web用に保存」を実行し、JPEGで書き出しましょう。

Dribbble以外では、「Deviant Art」や「Behance」といったサイトでも質の高いモックアップを探すことができます。

2.PlaceIt

PlaceIt

Photoshopは持っていない、ハードルが高いという方は以前一度紹介をした「PlaceIt」というウェブアプリケーションを使ってみてはどうでしょうか? スマホやタブレットの各種端末の画像が、様々な背景とともに使用可能です。

使い方はとっても簡単。スクリーンショットの画像を写真の上にドラッグすれば、画像がスクリーン部分に自動的に配置されます。

対応機器:iPhone、iPad、Nokia Lumia、Macbook、Microsoft Surface、iMac、Amazon KindleSamsung Galaxy、 Google Nexusなど

3.The Device Art Generator

The Device Art Generator

Googleの提供する「The Device Art Generator」でもAndroid系のスマホやタブレットの端末画像を使うことができます(ここここで利用可能です)。スクリーンショットをフレーム画像上にドラッグすれば、簡単に枠内に画像が配置される仕組みになっています。

対応機器:HTC One X、Samsung Galaxy S3、Galaxy NoteGalaxy Tab、Nexus 4、 Nexus 7、Google Nexus 10

4.MockuPhone

MockuPhone

MockuPhone」は各種機器とスクリーンショット画像を組み合わせ、異なるアングルの画像をつくることができるウェブアプリケーションです。ウェブ上にスクリーンショット画像をアップロードすれば、さまざまなアングルの画像を高解像度で手に入れられます。

対応機器:iPhone 5、iPad、iPad Mini、Google Nexus、Samsung Galaxy S4

5.メールを送る

その他に「メールを送る」という方法もあります。「smartphones@mailchimp.com」宛にスクリーンショット画像を添付して送ると、1〜2分後には処理された画像付きのメールが返ってきます。1つのメールに複数の画像を添付することも可能です。

撮影した機器の種類が自動的に検出され、またEXIFデータから縦向きか横向きかを判断したうえで、適切な機器のフレームが追加されます。

iPhone、iPad、Galaxy Tab、Nexusを含めた各種機器に対応しています。件名に「help」と書いてメールを送信すると、サービスに対応している全機器名を知ることができます。

How to Make your Mobile Screenshots Look Awesome|Digital Inspiration

Amit Agarwal(訳:佐藤 ゆき)

swiper-button-prev
swiper-button-next