特集
カテゴリー
タグ
メディア

ハマりすぎに注意! 副業をはじめたい人へ贈る5つの心得

ハマりすぎに注意! 副業をはじめたい人へ贈る5つの心得

会社員としての仕事がどれほど楽しくても、ずっと続けられる保証はほとんどありません。そこでオススメしたいのが副業をもつこと。副業は、本業の他に片手間でやる仕事ですが、万が一解雇されたときのセーフティーネット(安全策)になります。

また、フルタイムの仕事をずっと続けたいと思っているなら、安心して仕事を辞めるためにも副業をするのは有効です。難しいのは、本業とのバランスのとりかた。9時~5時の仕事と比べて、副業は面白いのでついついハマってしまう傾向があるのです。そこで、副業を始めて続ける5つのステップを紹介します。

1.会社との契約違反ではないか確認する

副業を始める前に、それが契約に違反していないかどうかを会社に確認しましょう。たとえば「パラリーガル(弁護士の業務を補佐する人)の仕事をしながら、副業としてインターネットで手作りのアクセサリーを売る」といった本業とかけ離れた分野であれば、大丈夫なはずです。ただ、こういう質問をするだけでも「仕事を辞めようとしているのではないか」と不審に思われる職場もあるので、聞く時には十分注意を。

2.本業の邪魔をしない

本業が生活費の源なので、一番大事にすることを心に留めておいてください。副業に気を取られるのは簡単ですが、それに力を入れすぎないように。副業の時間は1日数時間だけ

だと決めておいて、本業の間はそれだけに集中しましょう。

3.難しく考えすぎない

副業は、本業に万が一のことが起きた時の頼みの綱。大好きな趣味が高じて仕事になり、なおかつお金をもらっている、といった感覚で続けましょう。ウェブサイトを開設して人気になるのは楽しいですが、ハマりすぎてそれがストレスになったら元も子もありません。ストレスは本業の仕事だけで十分ですよ!

4.得意なことを見つけて、副業にする

自分が得意なことを選んだほうが、儲かるし、楽しいです。ヨガが大好きなら、たくさんレッスンを受け、インストラクターの資格を取り、教え始めましょう! 写真が好きなら、ポートフォリオを作り、フォトグラファーとして活動を始めましょう。大好きなことを仕事にすると、自然と成功でき、そこまで長く時間をとられずにすみます。

5.燃え尽きないように、自分の時間を持つ

本業で働きすぎの傾向があるのに、副業でも頑張りすぎると、燃え尽きてしまうリスクがあります。副業は、本業以外の自分の時間を輝かせるためのもの。あくまで「頑張りすぎない」ようにしましょう。

繰り返しますが、副業はセーフティーネットです。副業で成功すればするほど、万が一の場合でも金銭的に困らずにすむ手段のひとつです。お忘れなく。

関連記事:メリットは収入増だけにあらず! 副業がもたらすポジティブな効果とは?

関連記事:サラリーマン卒業!「フリーランスのための価格設定&交渉」完全ガイド

関連記事:35歳でキャリアを捨て、ファンタジースポーツに没頭した男の仕事術

Pamela Slim(原文/訳:曽我美穂)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next