特集
カテゴリー
タグ
メディア

デスクワーカーに警鐘! 体のゆがみは「脂肪のはりつき」で起きる

cafeglobe

デスクワーカーに警鐘! 体のゆがみは「脂肪のはりつき」で起きる

次に挙げる症状、心当たりのある人はいませんか?

・長時間、立っていると腰が痛くなる

・歩くとスカートが左右にまわる

・椅子に座ると膝が開きやすい

・足がむくみやすい

これらは「体のゆがみ」によって引き起こされるものですが、その原因として「脂肪のはりつき」があると、カフェグローブが取り上げています。

脂肪のはりつきは、長時間のデスクワークやいつも同じ側の足を組む姿勢などにより、お尻や太ももなどが部分的に圧迫された状態が続くことで起きるのだとか。圧迫された部分の脂肪が硬化し、筋膜にはりついてしまうんだそうです

筋膜に脂肪がはりついた状態が長く続くと、次第に骨格バランスが崩れ、身体にゆがみが生じていきます。たとえば太ももの外側の筋膜に脂肪がはりつくと膝がゆがみ、O脚に。膝の後ろの脂肪が固まれば、血流が圧迫されむくみや冷え性の原因になります。また、はりついた脂肪は代謝も低下するので、部分ヤセが上手くいかない原因のひとつにもなるんだとか

カフェグローブでは、自分に「脂肪のはりつき」が起きているかを調べる方法や、その改善策も紹介していました。心当たりがある方は、下記リンクより内容をチェックしてみては。

長時間のデスクワークによる「脂肪のはりつき」で身体がゆがむ!? 痩せにくくなる!? |cafeglobe

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next