特集
カテゴリー
タグ
メディア

ごはんの写真をSNSにアップするなら、『InstaFood』でポスター風にサクッと仕上げてみる

  • カテゴリー:
  • TOOL
ごはんの写真をSNSにアップするなら、『InstaFood』でポスター風にサクッと仕上げてみる

食事をした時のおいしく、楽しかった想いを他の人にも伝えたくて、SNSに写真を投稿することがあると思います。こんな時、多くの方がスマホを使っていると思いますが、カメラアプリは何か使っていますか?

標準のカメラアプリでも良いのですが、用途に特化しかカメラアプリがたくさんリリースされているので、お気に入りのアプリがあるともっと楽しめます。私もお気に入りのアプリ『InstaFood』があるので、ご紹介します。このアプリはシリーズモノで、以前にも『InstaWeather』をライフハッカーで取り上げました。

InstaWeatherは、写真に撮影場所の天気を入れることができました。片や、InstaFoodでは写真にPOPを入れられます。私が撮影した写真を並べてみるので、見比べてみてください。写真の印象が違うと思うのですが、いかがでしょうか。

130730instafood_2.jpg

InstaFoodが素晴らしいのは、めんどうな設定などを必要とせず、簡単に使えるところです。まず、アプリを起動して、左右のフリックで好みのスキンを選び、シャッターボタンを押すだけで、POPの入った写真が撮れます。写真は「カメラロールへ保存」「FacebookやTwitterなどのSNSへ投稿」「メールで送信」から選べます。

InstaFoodは、App Storeから無償でダウンロードできます。より多くのスキンが選択できて、広告が表示されないPRO版は170円。まずはフリー版を試してみて、気に入ったらPRO版を購入してみるのは、いかがでしょうか。

InstaFood

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next