特集
カテゴリー
タグ
メディア

ワシントン州では、部下にSNSの友達承認を強要すると「違法」らしい

  • カテゴリー:
  • TOOL
ワシントン州では、部下にSNSの友達承認を強要すると「違法」らしい

米ワシントン州で7月28日から効力をもつこととなった「Senate Bill 5211」(上院法案 5211)。その内容は、SNS利用について触れた、興味深いものとなっています。

「○○(部下の名前)、Facebookの友達申請したのに、どうして無視するんだよ。すぐに承認しろ」なんて詰め寄る上司には、罰金刑が科せられる、かもしれません。法律によって定められた特筆すべき「規制」は次のとおりです。

  • 雇用者は従業員にSNSのパスワードを聞いてはいけない
  • 雇用者は従業員に友達承認を「命令」してはいけない

ただし例外もあります。違法行為、職権乱用、情報漏洩など、組織に不利益なことをしていないか内部監査をする際には、この規制は適用されないようです。

この法案に関連しそうなFacebookの利用規約が、米テック系メディア「GeekWire」に紹介されていました。ざっと目を通すくらいの規約も、改めて読んでみると新しい発見があるので、ぜひ目を通してみてください。

利用規約4.8

パスワード(開発者の場合はシークレットキー)を共有したり、他の人にアカウントへのアクセスを許可したり、その他、アカウントのセキュリティを脅かす恐れのある行為を行わないものとします。

利用規約5.7

利用者から情報を収集する場合は、利用者の同意を得て、情報を収集するのが(Facebookではなく)自分であることを明確にし、収集する情報およびその用途について説明するプライバシーポリシーを掲載するものとします。

日本でも、ソーシャルメディアを通じての上司からの"嫌がらせ"が「ソーシャルハラスメント」という言葉で認知され始めて久しいですが、近い将来、我が国でも法律化される、かもしれませんね。

SENATE BILL 5211 via GeekWire

Facebook利用規約|Facebook

(五十嵐弘彦)

Photo by Alessio (Flickr)
swiper-button-prev
swiper-button-next