特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google、HDMI端子に接続するスティック型デバイス「Chromecast」を発表:Apple TVキラーとなるか

  • カテゴリー:
  • TOOL
Google、HDMI端子に接続するスティック型デバイス「Chromecast」を発表:Apple TVキラーとなるか

Googleが「Chromecast」を発表しました。HDMI端子に接続する同デバイスはWi-Fiを受信できるようになっており、ネットワーク上のPCやスマートフォンからテレビにYouTubeなどのマルチメディアコンテンツを転送します。

実際にデモが行われた、現在対応が確認できているサービスはYouTube、Netflix、Pandora、Google Play Music、Google Play Movieです。視聴するにはAndroid端末、iOS端末、或いはChromeがインストールされたPCから操作します。

再生される音楽やビデオは、操作端末を通さず直接インターネットからストリーミングされるよう。なので他の端末から操作をすることになったり、再生中に電話がかかってきたりしても、中断することなくコンテンツを楽しむことができます。

またPCなどのChrome上に表示しているタブをテレビ上に簡単にミラーリングできるみたいです。プレゼンなどに便利かもしれませんね。

ちなみに米国の各メディアでは、コンセプトの類似性からかApple TVと比較したコメントが述べられています。

──(Apple TVと)Chromecastとの大きな違いは「クロスプラットフォーム」だということです。Googleは「Google Cast SDK」をローンチして、iOS、Android、Chromeのアプリデベロッパーが、Chromecast向けの開発ができるような環境を整えています。

Mashable

──発表された当初はApple TVの競争相手になるかということばかり考えていましたが、Chromecastはそれ以上のものかもしれません。35USドルの同製品は、最も安く、最も簡単にコード・カッティング(ケーブルテレビの契約をやめてインターネット経由の動画視聴を選択する動向)ができるデバイスなのです。

Forbes

日本での発売はまだですが、待ち遠しいばかりです。

Alan Henry(原文/抄訳:五十嵐弘彦)

swiper-button-prev
swiper-button-next