特集
カテゴリー
タグ
メディア

ファイルやスクリーンショットをMacのメニューバーから簡単にアップロード/共有できる『Thunder』

  • カテゴリー:
  • TOOL
ファイルやスクリーンショットをMacのメニューバーから簡単にアップロード/共有できる『Thunder』

Mac OS:ファイル共有/クラウドストレージアプリとスクリーンショットツールが合体したら、ちょうどこんなアプリができるのかもしれません。

Thunder 』は撮影したスクリーンショットを自動的にクラウド上にアップロードしてくれるだけでなく、メニューバーアイコンにドラッグ&ドロップするだけでファイルのアップロードが可能なアプリ。Mac App Store から無料でダウンロード可能です。

アップロードすれば、リンクが生成される

手動で追加したファイルでも Thunder で撮影したスクリーンショットでも、ファイルをアップロードするとクリップボードにリンクが自動的にコピーされます。複数ファイルでもアップロード可能で、ふたつ以上のファイルをアップする場合、全てのファイルが圧縮されたアーカイブに追加されアップロードされます。

130719Thunder01.jpg
130719Thunder05.jpg

Thunder を使用するには無料の Thunder アカウントに登録する必要があります(無料アカウントでどのくらいのストレージ容量が使えるのか、ファイルがどのくらいの期間保存されるのかについては明記されていません)。

Thunder をインストールすると、メニューバーに雷アイコンが追加されます。クリックしてアプリのメニューを開き、スクリーンショットを撮影したい場合は" Take Screen Shot "オプションを選択。より素早く操作したい場合は Command キーを押しながらアイコンをクリック。Thunder にファイルをアップロードしたいのであれば、ファイルをアイコン上にドラッグ&ドロップするだけでOKです。

130719Thunder02.jpg

アップロード待ちの状態になるとアプリのアイコンまたはメニューを開いてアップロード状況を確認することができます。

アップロードが完了したら

アップロードが完了したら通知が表示され、アップロードされたファイルへのリンクがクリップボードに自動でコピーされます。Thunder は通知センターに統合されるので、スワイプするだけで通知を消すことができ、通知センターからまとめて確認することも可能です。通知をクリックすると、デフォルトブラウザでファイルを開くことができます。

130719Thunder03.jpg

Thunder の設定管理オプションにはあまりオプションが用意されておらず、通知をオフにしたり、システム起動時にアプリを起動させたりすることができますが、それ以外の設定はあまり変更できません。

アカウントタブをクリックするとサインアウト。アカウント設定ページを開くとその他のオプションが表示されます。Amazon S3 bucket などをアップロード用に使用したい場合、ここから設定します。

130719Thunder04.jpg

ファイルがどのくらいの期間保存されているのかが明記されていないので、長期間オンライン保存したいファイルの場合は注意が必要です。サクッとファイルを共有したり、短期間のストレージとしての活用がオススメです。

Thunder のダウンロードはMac App Storeからどうぞ。

Instantly Share Files & Screenshots From Mac Menu Bar With Thunder | Addictive Tips

Fatima Wahab (訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next