特集
カテゴリー
タグ
メディア

「Any.DO」チームの新カレンダーアプリ『Cal』、ついに公開

「Any.DO」チームの新カレンダーアプリ『Cal』、ついに公開

美しいデザインと優れた機能を両立させたToDoアプリ『Any.DO』。その開発チームが、今度はカレンダーアプリ『Cal』を公開しました。予定の表示はもちろんのこと、連絡先やロケーションを活用したスケジュール管理、Googleカレンダー、Exchange、iCloudとの同期も可能です。

簡単にレビューしておきます。

優れた同期

スマホ内の全てのカレンダーとの同期が可能なので、アイテムをインポートしたり、予定を再度追加したりする必要がありません。その上、CalはAny.DOとも同期できるので、今日のToDoや締め切りをカレンダー上のアジェンダビューに表示してくれます。

気の利いた予定作成

予定を追加したい場合、「猫村さんとランチ」など予定内容を入力すると、連絡先から猫村さんを検索。猫村という名字の人が複数いる場合は候補を表示してくれるので、そこから選択します。また、「ランチ」というキーワードからランチに適切な時間帯を選択してくれ、自分の現在地周辺のランチスポットも提案してくれます。ロケーションを入力すると、その場の詳細を自動入力してくれます。

全ての優秀なカレンダーアプリがそうであるように、アジェンダビューを使って今日の予定だけを表示させることができます。週間予定や月間予定を表示し、予定を確認したり、スケジュールを追加したりすることも。どんな感じで機能するのかを見てみたい方は、記事冒頭の動画をどうぞ。

Any.DOチームは全部で4つのアプリケーションを作ることを予定しているそうで、他にもCalやAny.DOと統合して使えるメールクライアントおよびメモアプリを開発中なのだそうです。

CalはiTunes App Storeから無料でダウンロードできます(開発者によるとAndroid版ももうじき公開予定、なのだそうです)。

Cal(無料) | iTunes App Store

Alan Henry(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next