特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日も安全運転で行こう! 『Safety Sight-接近アラート&ドライブレコーダー』で万が一に備える

タブロイド

  • カテゴリー:
  • TOOL
今日も安全運転で行こう! 『Safety Sight-接近アラート&ドライブレコーダー』で万が一に備える

Android:自分では安全運転していたつもりでも、第三者の視点から見られるとけっこう緊張しちゃいました。

Safety Sight-接近アラート&ドライブレコーダー』は、車間距離の詰め過ぎを注意してくれたり、走行を録画して運転の評価をしてくれます。これ、かなり高機能で本当に無料でいいのかと思っちゃいました。

130717tabroid_safety_sight_2.jpg

前方に車があると、自動的に認識してくれます。だけど、スマホの設置位置が悪いと、対向車に標準が合っちゃったりする。

車載スタンドは必須! カメラ位置や高さを調整すること

当然といえば当然ですが、このアプリを使う際は車載スタンドが必須です。事前に購入しておくといいでしょう。

130717tabroid_safety_sight_3.jpg

起動時の画面はなんだかカッコいいカーナビみたいですね。スタートしたらカメラの方向をセッティングします。オレンジ色のラインを枠内に収めるようにスマホの方向を調整してグリーンになったら【OK】をタップしましょう。

このとき、すでに車のエンジンを入れていると、エンジンの振動が微妙に伝わってくるため、なかなか合わせることができずにワタワタしちゃうので注意です。

130717tabroid_safety_sight_4.jpg

あとはカメラの高さの調整です。おおよその高さの目安が車種ごとに表示されているのでそれをタップしてもいいでしょう。

運転診断がけっこう細かく記録してくれている

ドライブの録画も可能なのがこのアプリのいいところ。

1キロ以上走行した場合、ドライブ終了時に診断結果を表示してくれます。

130717tabroid_safety_sight_5.jpg

けっこう慎重に運転したつもりだったけど、80点前半でした。☆が多いほどその項目の評価が高いようです。

130717tabroid_safety_sight_6.jpg

走行ルートの項目では、どの場所でどのくらいの速度を出していたかということまで細かくチェックできます。

また、走行情報では、走行中の急ブレーキや急ハンドルなどの操作がどれだけあったかなど、事細かに見ることができるので、自分の運転を冷静に振り返って反省することもできますね。

レビューの続き&DLはコチラ:TABROID)

swiper-button-prev
swiper-button-next