特集
カテゴリー
タグ
メディア

Microsoft Office 2013の起動画面を非表示にする方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
Microsoft Office 2013の起動画面を非表示にする方法

Microsoft Office 2013を起動すると、テンプレートと最近開いた書類が自動的に表示されます。これを便利だと思う方もいるでしょうが、無駄な時間がかかるので、すぐに作業が開始できる状態で開いてほしいという方もいらっしゃるかと思います。実はレジストリをほんの少しいじるだけで、それらを表示させないようにすることが可能です。

「How-To Geekが」教えてくれたその方法は下記の通り。

  1. スタートメニューの検索窓に「regedit」を入力し、レジストリエディターを起動。
  2. 「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\General」へ進む。
  3. 「DisableBootToOfficeStart」というキーをダブルクリックし、値を0から1に変更します。

キーが存在しない場合、作成することも可能です。より詳しい情報は下記のリンクからHow-To Geekをどうぞ。

また、特定のプログラムのみ起動画面を表示させないようにしたい場合、プログラムの設定メニューから起動画面を無効にすることもできます。「ファイル」>「オプションの一般ウィンドウ」(デフォルトで表示されるはずです)>「起動オプション」を見つけ出し、起動時に開始画面を表示するをオフに設定してくれさい。レジストリはいじりたくない、という方であればこちらの方法が安心です。

この方法をより詳しく知りたい方はこちらのリンクをどうぞ。

How to Disable the Office 2013 Start Screen | How-To Geek

Melanie Pinola(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next