特集
カテゴリー
タグ
メディア

声も着替えるべし。シーン別の「良い声」とは?

cafeglobe

声も着替えるべし。シーン別の「良い声」とは?

キャリア女性向けのウェブサイト「カフェグローブ」で、オフィスやビジネスシーンで役立つ「いい声ポイント」をシーン別に紹介していました。

仕事ができる女性には場面に合わせて声の使い分けをしている人がとても多いんですよ」と話すのはボイストレーナーの秋竹朋子さん。どのようなものか、一例を紹介します。

【1】電話応対シーン

相手の顔が見えていない状態で話すので、声のトーンは高めに。元気な声ではっきりと。口角を上げて話すだけでも声は1~1.5音高くなりますよ。

【5】プレゼンテーションのとき

しっかりとした安定感のある声で。上級者は強弱をつけたりテンポを変えたりして話に"表情"をつけるとよりメッセージがよく伝わります。

秋竹さんは、「お客様やクライアントなど、自分の声を聞く側の立場で『どんな印象の人だったら話したいかな』と想像してみるといいですよ」と言います。その他のシーンは、下記リンクよりチェックを。

仕事ができる女性は声も「着替える」! 押さえておきたいシーン別「いい声」とは?|cafeglobe

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next