特集
カテゴリー
タグ
メディア

『iCloud』を活用するためのファイル整理方法おさらい

  • カテゴリー:
  • TOOL
『iCloud』を活用するためのファイル整理方法おさらい

iPad用のキーボードカバー「Logicool Ultrathin Keyboard Cover」の購入をきっかけに、Macで使っているお気に入りのテキストエディター『Byword』のiOS版を使い始めました。MacとiOSで同じアプリを使っているので、ファイル共有をDropboxからiCloudに切り替えています。

iCloudは、DropboxのようにFinderでファイルを扱えず、アプリごしに扱うので、違和感を覚えるのでは。これを解消するには、ライフハッカーでも取り上げた『Cloud Mate』を使う方法もありますが有料アプリです。

私もそうですが、費用をかけてまで解決するほどは困っていない方もいるはずです。そんな方のために、iCloudのファイル整理方法をご紹介します

ファイル名の変更

まず、アプリを起動して、「開く」ダイアログを表示します。

「開く」ダイアログのタイトルバーにある「iCloud」を選択すると、iCloudのスペースが表示されます。

130707_icloud03.jpg

操作方法はFinderと同じ要領です。ドキュメントアイコンのファイル名の部分をクリックして編集します。これ以外では、iCloudのファイルを開いた後、タイトルバーのファイル名をクリックして、表示されるメニューの[名称変更]を選択します。すると、タイトルバーのファイル名が編集できます。

ファイルの移動

iCloudのファイルをローカルディスクに保存する場合は、ファイル名の変更と同じ要領です。iCloudのファイルを開いたあと、タイトルバーのファイル名をクリックして、表示されるメニューの[移動]を選択します。すると、保存先を選択するダイアログが表示されるので、[場所]から移動先を選択します。

130707_icloud04.jpg

グループの作り方

iCloudにファイルが増えてくると、フォルダにファイルをまとめておきたいことがあります。この場合は、まとめておきたいファイルを重ね合わせることで、グループが出来上がるので、そのグループにファイルを移動します。操作方法は、iOSでアプリを重ねてグループを作成するのと同じ要領です。

130707_icloud01.jpg

ファイルの削除

iCloudでのファイル削除は、「開く」ダイアログを使います。「開く」ダイアログを開き、削除したいファイルを選択して、右クリックします。表示されるメニューから[ゴミ箱に入れる]を選択します。

iCloudは、ファイル中心に考えると扱いに制約を受けることがありますが、アプリ中心に考えれば、シンプルでわかりやすい仕組みです。対応アプリも増えているので、積極的に使ってなかったという方は、そろそろ活用してはいかがでしょうか。

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next