特集
カテゴリー
タグ
メディア

インスピレーションを感じた画像を整理して保存するのにピッタリな『Sparkbox』

  • カテゴリー:
  • TOOL
インスピレーションを感じた画像を整理して保存するのにピッタリな『Sparkbox』

Mac OS X:気に入った画像を見つけたら、パソコンに「保存する」というのが自然なリアクションかもしれません。でも、たくさんの画像をついつい気に入ってしまう方であれば、画像が多すぎて埋もれてしまう、という現象に悩まされてはいませんか。

クリエイティブなインピレーションを受けた画像を整理してくれる、便利なツール『Sparkbox』を試してみてはいかがでしょう。一見すると、Sparkboxは画像を切り抜く手間を省いて保存できるスクリーンショットツール『LittleSnapper』とよく似ています。LittleSnapperもインスピレーションを感じたものをクリップしていくことに焦点を当てていて、これらのアプリが目指すところは類似しています。いくつか機能には違いがありますが、LittleSnapperの価格3450円に対して、Sparkboxは1700円であるということが最も大きいかもしれません。

ただ、SparkboxはLittleSnapperほど強靭なアプリでありません。ウェブアプリもなく、機能も最小限に留められています。ですが、Sparkboxを使ってできることもたくさんあります。例えば、ブラウザを搭載しているので、ウェブ画像の切り抜きはとても快適です。また、メニューバー経由でスクリーンショットをアプリに直接保存することもできます。

キーボードショートカットではこの作業はなぜかできないようになっているのですが、近い将来追加されるかもそれません。コレクションの作成、アイテムのタグ付け、色別のソートなども可能となっていて、簡単に使えるにも拘わらず、とても便利なアプリです。

LittleSnapperの方が間違いなく高性能ですが、倍の価格を出すほどは使わないという方であれば、Sparkboxがオススメです。

Sparkbox (1700円・2013年7月6日現在) | Mac App Store

Adam Dachis (原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next