特集
カテゴリー
タグ
メディア

ダウンロードしっぱなし、重複ファイル...散らかったハードドライブを整理して空きスペースを取り戻す方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
ダウンロードしっぱなし、重複ファイル...散らかったハードドライブを整理して空きスペースを取り戻す方法

あなたのハードドライブ内は散らかっていませんか? ダウンロードしたままのファイル、重複したファイル、古くてもう使わないファイル、何だかわからないファイルなどが、そこら中に散乱していませんか? 今回はハードドライブを整理して空きスペースを取り戻す方法を紹介します。

なおこの記事で触れられているものは、OSがインストールされていないセカンダリードライブの整理方法です。OSのあるシステムドライブの場合は、今回のキャッシュの消去や一時フォルダの削除も行なってください。

容量の大きなファイルを見つける

容量の大きなファイルを見つける

急いでディスクスペースを空けたい場合は、容量の大きなファイルを見つましょう。ドライブスキャンツール『WinDirStat』を使えば、埋もれていた巨大ファイルをひと目で発見できます。ファイルの種類で色別表示されるので重要なシステムファイルと、削除可能な動画やGIFアニメを簡単に見分けられ便利です。

Macなら『Disk Inventory X』がほぼ同じ機能を備えています。

重複ファイルを削除する

重複ファイルを削除する

サイズにかかわらず、重複ファイルはスペースの無駄です。Windows、Mac、Linuxで使えるツール『Duplicate File Searcher』を使えば、重複ファイルを簡単に検出できます。

Windowsユーザーなら、重複ファイルをハードリンクに置き換えられる『Duplicate Commander』が使えます。リンクに置き換えさえすれば、アプリからの参照でエラーが出ないか気にしなくてすみます。

Duplicate Cleaner』も、使いやすい3タブ方式で重複ファイルを見つけられるツールです。

古いファイルを見つける

古いファイルを見つける

いくら巨大なファイルでも、サイズだけでは要・不要を判断できません。見ようと思ってダウンロードしたばかりの動画ファイルかもしれません。ファイルの古さを判断基準に加えましょう。

例えばWindows 7は、検索ボックス内で条件を指定できます。更新日時、アクセス日時、作成日時を指定できるほか、ファイルのサイズや種類も選べます。WinDirStatのようなビジュアル表示はありませんが、古くて使わないファイルを見つけるのには便利です。

ファイル名を変更する

ファイル名を変更する

結婚式の写真がたくさんあるのに、ファイル名がすべて「IMG01827.jpg」とかになっていませんか? これでは何の写真だかわかりませんね。

そんな時は、『Rapid Streams』(Win)や『Name Changer』(Mac)などのリネームアプリを使いましょう。

ファイル数が多いようでしたら、高機能、上級者向けの『Bulk Rename Utility』(Win)もあります。また、Mac OS Xに標準搭載のAutomatorでも同じことができます。

ファイルを移動する

ファイルを移動する

適切なファイル名をつけたら、こんどは適切な場所に移動しましょう。『TeraCopy』は、大量のフィルを高速にコピーできるアプリです。

バッチ処理や重複ファイルのリネームにも対応。Windows、Mac、Linuxで使えるクロスプラットフォーム・アプリ『Ultra-copier』もおすすめです。

ファイルを隠す

ファイルを隠す

仕事関係の機密情報、誕生日プレゼントのアイデアなど、誰にだって人に見せたくないファイルがあるはず。

WindowsやMacの標準機能でもファイルを隠せますが、セキュリティ面で不満が残ります。

TrueCrypt』や『7-Zip』などのアプリでファイルに鍵をかければ、誰かにPCを覗かれても安心です。

PCが盗まれたり、押収された場合まで考えるなら、暗号化された隠しパーティションを作って、秘密のファイルを保存しておきましょう。メインのパーティションを囮にするわけです。

整理しないとファイルはどんどん散らかっていきます。ひとつづつ手作業でやらなくても、便利なツールで一気にお掃除しちゃいましょう。

Eric Ravenscraft(原文/訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next