特集
カテゴリー
タグ
メディア

水も選び方が肝心:疲れに効く水、赤ちゃんに与えてはいけない水

cafeglobe

水も選び方が肝心:疲れに効く水、赤ちゃんに与えてはいけない水

日に日に暑さを感じるようになってきました。熱中症予防をはじめ、健康にとっても、水分補給が大切です。しかし、ひとくくりに「水分」といえど種類もさまざま。もっといえば、私たちにとって最も身近な「水」でさえ、硬度の違いがあります。では、どのような水を選べばよいのでしょう。

ライフスタイルメディア「カフェグローブ」が、体調やシーン別の水の選び方を紹介していました。

東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生と、アクアソムリエの山中亜希さんに、カフェグローブは水の選び方を伺ったそう。中でも注目したいのが、「体調に合わせた水選び」と、「赤ちゃんに使ってはいけない水がある」ことです。

■疲れが溜まったときは「炭酸水」

「perrier(ペリエ)」などの炭酸水に含まれる重炭酸イオンは、疲れ物質(乳酸)を中和する作用があります。よって、激しい運動のあとや疲れが気になるときに飲むのがおすすめです。また、新陳代謝や血流を促進する効果もあるため、肩こりや冷え症に悩んでいる人はチョイスしてみてください。

■赤ちゃんのミルクに使ってはいけない水

赤ちゃん用のミルクで絶対に使ってはいけないのが、「水道水を煮沸したもの」と藤田先生。煮沸することで硫酸塩の濃度が濃くなり、ブルーベビー症候群(酸素欠乏症)になる可能性があるそうです。そしてミネラルを多く含む「硬水」も臓器が未完全な赤ちゃんには負担が大きく、胃腸を壊す原因となるため適しません。

カフェグローブではこの他、料理に合わせた水選びや、日本人が一番おいしいと感じる水は何か?などを紹介しています。下記リンクよりご覧ください。

和食には「軟水」、動脈硬化予防には「硬水」...体調・シーン別、正しい水の選び方|cafeglobe

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next