特集
カテゴリー
タグ
メディア

ショッカー戦闘員が語る「リーダーシップと組織論」がなかなかに骨太だった

Kotaku

ショッカー戦闘員が語る「リーダーシップと組織論」がなかなかに骨太だった

ジョークかと思いきや、これがなかなかしっかりしたお話を。

「仮面ライダー」シリーズで有名な悪の秘密結社ショッカーが戦闘員を募集。その勧誘動画がにわかに話題となっています。Kotaku JAPANが紹介してくれていました。

記事冒頭の画像のように、ディレクターチェアに腰掛け、ショッカーの良さ、そして組織論を滔々と語る戦闘員さん。ややシュールな画ではありますが、話している内容には思わず「おお...」とうなってしまう言葉も。例えば、以下の通り。

組織を作る時に、昔は給料が良ければできたけど、いまはちょっと違う。(中略)リーダーに何が必要かっていうとだな、「心」っていう漢字があるよな。実は東洋漢字の中で、「心」っていう字だけがどこともつながっていない文字なんだよ。つまり、自分だけでも泣いたり笑ったり喜んだり、振り幅が広いわけよ。だから「心がつながってない」。そして組織というものは、ひとりでもそのバラバラの心、それがいっぱい集まった状態。つまり、良いリーダーになろうと思ったら、これからの時代は人の心を動かさないと、大きな組織にはならなかったりするんだよ。

喩え話を織り交ぜながら、他にもわかりやすく、熱く語ってくれます。リーダーシップと組織論をもっと聞いてみたくなった人、ショッカーに興味が出た人、動画の全編は下記リンクよりどうぞ。

うちに来ないか? ショッカー戦闘員が語る「リーダーシップと組織論」 | Kotaku JAPAN

(ライフハッカー[日本版]編集部)

swiper-button-prev
swiper-button-next