特集
カテゴリー
タグ
メディア

長時間フライトの腰痛対策には「ビーチボール」が使える

長時間フライトの腰痛対策には「ビーチボール」が使える

何時間も体に優しくないイスに座り続けなければならないので、飛行機に乗ることが、文字通り苦痛になることがあります。そんな時は、ビーチボールを持ち込むだけで、飛行機に乗っても腰痛が軽減されるかもしれません。

理学療法士のDoug Kelseyさんは、ブログ「My Itchy Travel Feet」で、空気で大きさを調節しやすいビーチボールは腰や背中をサポートするのにピッタリだと言っています。

ビーチボールの中身は空気なので、イスの背もたれに置いて、背骨のところに当てれば、腰や背中が固くなるのを防ぐことができます。

  • ビーチボールにほんの少しだけ空気を入れる(飛行中は気圧の変化によって空気が膨張するので、入れる空気は本当に少しだけでいいです)
  • ボールを背もたれのところに置く
  • 空気を入れたり抜いたりして、ちょうどいい具合になるように調節する
  • 約30分おきに、ボールの位置を2〜3cm程度上下にずらす
  • 飛行中は定期的に、ボールの上で体を前後左右にをゆするような動きを約1分ほどする
  • 飛行機から降りたら、ボールの空気を抜いて次のフライトまではしまっておく

公園やビーチに行ってボール遊びがしたくなっても、ビーチボールがあれば楽しめますしね!

Travelers, relieve lower back pain with this simple tip | My Itchy Travel Feet

Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)

Photo by Klim Levene.
swiper-button-prev
swiper-button-next