特集
カテゴリー
タグ
メディア

不機嫌なときの方がクリエイティブな仕事を始めるのに向いている:研究結果

不機嫌なときの方がクリエイティブな仕事を始めるのに向いている:研究結果

イライラしたり混乱して気が動転しているときは、クリエイティブなことをするのに全く向いていないように思えます。しかし、British Psychological Society(英国心理学協会)の研究によると必ずしもそうではないそうです。クリエイティブな仕事をしている100人を対象にした研究で気分が良くないときに仕事を始めた人は、問題が解決するまでより根気よく続けたということが分かりました。

イライラしているときに一度仕事を始めてしまえば、落ち着いた状態で仕事を始めたときよりも、長い間エネルギーや勢いが続くのです。

以前の調査で、ネガティブな感情によってより根気よく問題を解決することができるということが分かりました。一度集中すると、ネガティブな感情を無くし、ポジティブな感情をできるだけ広げようとするので、革新的な解決方法を思いつきやすいのです。

今度イライラしたときは、何かクリエイティブな仕事や、生産性を上げるような問題にエネルギーを注ぎ込んでみてください。思いのほかはかどるかもしれません。

In a Bad Mood? Tackle a Creative Task | Inc.

Eric Ravenscraft(原文/訳:的野裕子)

Photo by HackNY.org.
swiper-button-prev
swiper-button-next