特集
カテゴリー
タグ
メディア

複数のクラウドサービスを統合できる『Hojoki』でクラウドを使い倒そう!

タブロイド

  • カテゴリー:
  • TOOL
複数のクラウドサービスを統合できる『Hojoki』でクラウドを使い倒そう!

iPhone/Android:「クラウドって、やっぱり便利だな」と、再認識すること間違いないでしょう。

おそらく、本アプリ『Hojoki(ホジョキ)』は、「補助器」という日本語から付けられた名前だと思います。

たくさんのクラウドサービスを、各々のプロジェクトで使い分けている場合に、それを一本化してくれるという、まさに管理を補助するためのアプリです。

・予め登録しておいた各サービスに加えられた変更が、時系列で整列される。

・チームでの連絡事項を、メールでプッシュ通知してくれる。

・たくさんのクラウドサービスに対応できる。

以上が、本アプリの特徴なんですが、ピンと来ないと思いますので、まずは公式動画を貼っておきます。英語ですが、イメージは伝わると思います。

使い分けているクラウドサービスを統合する

130626tabroid_hojyoki_2.jpg

動画を見ても、イメージしにくいという方もいると思いますので、筆者の実例を元に説明してみます。

筆者は、本業でチームメンバーとファイルを共有するのに、Dropboxを使っています。

重要なファイルは社内のファイルサーバーで管理、万が一漏洩しても大きな問題にならないファイルはDropboxで利用、という使い分けです。Dropboxなら、外出先や自宅からでもスマホやノートPCで見られるので、便利なんです。

もっとも、ファイルをチームで共有する場合、メールで一斉送信というやり方が一般的な手段だと思われます。しかし、頻繁に更新されるファイルとなると、どれが最新ファイルか判別がややこしくなり、ミスの元となりかねないので、常にDropbox上の共通のファイルを参照、編集するという形をとっています。

130626tabroid_hojyoki_3.jpg
※メールは、もはやカオスでしかない

筆者のように遠隔地のレビュワーであっても、Googleドライブを活用すればスムースに情報共有できるし、ワード、エクセル互換のファイルをクラウド上で直接編集できるという、Googleドライブのメリットもあって、とても便利にやり取りできています。

さらに、個人的なメモや、ちょっと保存しておきたいファイルなどは、Evernoteを活用しています。他にも、状況によってSkyDriveなども利用しています。

今までは、そうやって使い分けていることに特に不満を感じていませんでしたが、本アプリに出会ってしまった今となっては、別々のアプリを行ったり来たりしていたことが、スマートじゃなかったということに気付かされます。

チーム間の連絡ツールとして活用する

130626tabroid_hojyoki_4.jpg

別々のプロジェクトを一括管理できるようになることで、本アプリを利用する機会が増えてきました。

レビューの続き&DLはコチラ:TABROID)

swiper-button-prev
swiper-button-next