特集
カテゴリー
タグ
メディア

むくみと夏バテにはキュウリが効く

MYLOHAS

むくみと夏バテにはキュウリが効く

梅雨の時期になると、なんだかカラダがむくんでいる気がするという方。それはどうやら低気圧の影響によるものだそう。ライフスタイルメディア「MYLOHAS」には、低気圧とむくみの関係が以下のように書かれていました。

実はそのむくみ、低気圧と関係があるそう。カイロプラクティックの専門家の方によると、気圧が下がると副交感神経が優勢になり、リラックス状態になる一方で、ヒスタミンが増えることがわかったといいます。そしてヒスタミンには、交感神経を刺激して血管から水分が周囲の組織にしみ出す作用があるので、血行が悪くなるという結果に。

この「副交感神経の優勢」と「ヒスタミンの増加」が、結果的に水分の排出を妨げてしまうのだそう。それで、からだがむくんでしまうのです。

さて、このむくみに効く食材として、MYLOHASではキュウリ挙げていました

そんな初夏から夏にかけて、積極的に食べたいのが「キュウリ」です。キュウリは90%以上が水分ですが、代謝を活発化させるビタミンB群や、ナトリウムを対外に排出させるはたらきのあるカリウム、カルシウムなどのミネラルがバランスよく含まれています。ナトリウムが排泄されるときには、同時に身体の中の老廃物を出してくれるのでデトックス効果も期待できます。また、キュウリには身体にこもった熱を出してくれる働きもあるので、これからの季節の夏バテ対策にも効果的!

「世界一栄養がない野菜」などと言われているキュウリですが、意外な効果もあるのですね。夏の暑い日にキリリと冷やしたキュウリをかじるのは、季節を感じるおいしい食べ方ですが、実は理にかなっているといったところでしょうか。

MYLOHASでは、キュウリを摂るレシピとして「キューカンバー・ウォーター」を紹介しています。アメリカでは夏の定番だそう。レシピは下記リンクよりご覧いただけます。

低気圧によるむくみは、キュウリで撃退! 夏に飲みたいキューカンバー・ウォーター | MYLOHAS

(ライフハッカー[日本版]編集部)

swiper-button-prev
swiper-button-next