特集
カテゴリー
タグ
メディア

スクリプトを使ってGoogleドキュメントをMarkdownフォーマットに変換してみよう

スクリプトを使ってGoogleドキュメントをMarkdownフォーマットに変換してみよう

最小限の書式を使ってテキストを作成するMarkdownの魅力は以前紹介しましたね。今回はスクリプトを使ってGoogleドキュメントをMarkdownフォーマットに変換してみましょう。このRenato Manginiさんのスクリプトは、GitHubで入手できます。以下の手順でGoogleドキュメントにインストールしていきます。

  1. ブラウザでGoogleドライブを開き、どれでもいいのでドキュメントを開きます(もしドライブ内になければ新規作成してもよいでしょう)
  2. 「ツール」のメニューをクリックし、「スクリプトエディタ」を選びます。ドキュメントのタブはそのまま閉じてしまって大丈夫です
  3. チュートリアルのポップアップ画面を閉じ、デフォルト表示されているテキストを削除します
  4. Renatoさんのスクリプトを別のタブで開き、中身をコピーし、スクリプトエディタに貼りつけます
  5. スクリプトを保存したら、「Markdownに変換」など自分に分かる名前を付けます

これでスクリプトが保存されいつでも使うことができるようになりました。ドキュメントを開き、ツールメニュー>「スクリプトマネージャ」>「先ほど保存したスクリプト

」>「起動」で変換完了です。

Googleドキュメントを他の場所(例:GitHub)にエクスポートしたり、他のフォーマット(例:HTML)に変換したりするとき、とても便利なスクリプトだと思います。ぜひ試してみてください。

gdocs2md | GitHub via Hacker News

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next