特集
カテゴリー
タグ
メディア

木の質感と匂いを3Dプリンタで再現できる! 木粉を使った新素材「ウッドライク」

木の質感と匂いを3Dプリンタで再現できる! 木粉を使った新素材「ウッドライク」

3Dプリンタにまたひとつ面白い要素が!

日本のMAKEカルチャーを支えてきた「INTER-CULTURE(インターカルチャー)」が、本日より新しいオンライン3Dプリントサービスの提供を開始しました。注目すべきはその素材。なんと木材を利用しており、木のような質感や匂いを再現できるというのです。この新素材「ウッドライク」は、木粉とナイロン粉末を配合して作られたインターカルチャー独自の商品。木材も、森林の成長過程で伐採されてしまう間伐材を利用しており、環境にも配慮しています。

木材を使った素材において「工業用のハイエンド3Dプリンタでの採用は世界初」とのこと。また、木のような質感が再現できるだけでなく、従来の工業向け材料よりも単価が低いのも特徴だそうです。ただ、小型パーツや細い形はあまり得意ではないため、用途はよく検討する必要があるでしょう。

130607woodlike_2.jpg

現在、サービスのリリースを記念して、20台限定でウッドライクを使用したミニカーのフィギュアを発売中。再現性などを確認するサンプルとしてもぴったりでは。

ウッドライクは3Dプリンタの利便さはそのままに、木材のテイストを表現できるとあって、ここから生まれるプロダクトを見てみたい!と思わせる魅力があります。

INTER-CULTURE

(長谷川賢人)

swiper-button-prev
swiper-button-next