特集
カテゴリー
タグ
メディア

スクリプトを使ってGoogleドライブの共有フォルダに有効期限を設定する方法

スクリプトを使ってGoogleドライブの共有フォルダに有効期限を設定する方法

Googleドライブを使ったファイル共有はとても簡単なものです。しかし、期限を設定する機能がなく、共有されっぱなしのフォルダが放置されている状態はいただけません。

テクノロジーブログ「Digital Inspiration」によるとGoogleスクリプトを使えば、そんな悩みを解決できるそうです。

  1. Googleスクリプトを開く
  2. [ファイル]>[コピーを作成]でGoogleドライブにコピーを保存
  3. 共有するGoogleドライブフォルダのURL(該当フォルダの共有リンク)を追加し、スクリプト内に有効期限を記入(YYYY-MM-DD HH:MM形式)
  4. 共有リンク

  5. [実行]>[Initialize]を選択し、アクセスを承認
  6. [実行]>[Start]でトリガーが作成され、共有されたリンクは設定した日時に期限切れとなります

手順としてはそれだけ! Googleスクリプトページを終了してください。共有リンクが無効になるタイミングでメール通知が送られてきます。

なお個々の「ファイル」への設定はできないので要注意です。ファイルに対して設定したい場合は新規フォルダを作成してそのフォルダ内にファイルを保存してください。

Set Auto-Expiry Dates for Shared Folders in Google Drive | Digital Inspiration

Thorin Klosowski(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next