特集
カテゴリー
タグ
メディア

Boseの真打か!? インイヤー型ノイズキャンセリングヘッドホンが9月に発売

Boseの真打か!? インイヤー型ノイズキャンセリングヘッドホンが9月に発売

Boseからインイヤー型のノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort(R) 20 headphones」が発表されました。MIEシリーズのポータブル性とつけ心地はそのままに、往年の名機と同じ「QuietComfort(R)」の名前を背負うだけの強力なノイズキャンセリング機能を持った、いいとこ取りのモデルです。一度使ったことがある方ならご存知、Bose特有の低音から高音まで「よく出る」表現豊かなサウンドと、強力な消音機能は健在。どこにでも気軽に持ち運べるサイズなので、通勤など日常的なシーンでストレスなく使用できるようになりました。約16時間の連続使用ができる充電式バッテリーを搭載。もしバッテリー切れになってもそのままパッシブヘッドホンとして使えます。

コントロールモジュール
ノイズキャンセリング用の演算を行うコントロールモジュールもコンパクト。音源となるプレイヤーと一緒にポケットに入れておけそうです。

毎日使うときに嬉しい機能も追加されています。「Awareモード」というもので、リモコンについているボタンひとつでノイズキャンセリングをオフにできます。駅や空港でアナウンスを聞きたいとき、外を歩くので環境音も聞きたいときなどに、いちいちヘッドホンを外さないですむようになりました。

Awareモード
「Awareモード」にするにはこのボタンを押すだけ。

iPhoneやiPadに対応した「QuietComfort(R)20i」とその他一般的な音楽プレイヤーに対応した「QuietComfort(R)20」の2つのモデルが同時発売されるようです。販売予定価格は31,500円。2013年9月に発売予定です。

また、Bluetooth接続ができるポータブルスピーカー「SoundLink(R)」シリーズの最新版「SoundLink(R) Mini Bluetooth(R) spaeker」も同時発表されました。これまで以上に小さい手のひらサイズになったものの、その見た目からは想像できない迫力のサウンドを奏でます。着せ替えができる「ソフトカバー」(別売り)が準備されていたり、販売予定価格が22,890円を従来のモデルより安めに設定されていたりと、もっと気軽にポップに持ち歩ける製品に仕上がっています。

SoundLink(R) Mini Bluetooth(R) spaeker

詳細は以下リンクよりどうぞ。

QuietComfort(R) 20 headphones

SoundLink(R) Mini Bluetooth(R) spaeker

(五十嵐弘彦)

swiper-button-prev
swiper-button-next