特集
カテゴリー
タグ
メディア

見ているだけでスタートアップ事情に詳しくなれる「Angel List」が面白い

見ているだけでスタートアップ事情に詳しくなれる「Angel List」が面白い

世界中では日々、面白いスタートアップが誕生しています。次のFacebookやSquareになるのはどこなのか、どんなサービスが評価されているのか知りたいと思いませんか。

「Angel List」は様々なスタートアップと、それに携わる投資家をブラウズできるプラットフォームです。投資家ページ、企業ページを見ることで、今盛り上がっているのはどこか探してみましょう。

投資家ページ

試しに「Path」創業者のDave Morin氏のページを開いてみました。

投資家ページ

まず左側のコラム上部で投資ポートフォリオが確認できます。彼自身のサービス「Path」にはFounder、投資している「Sparrow」にはInvestorと表示されています。また、「Angel List」そのものにもアドバイザー(Advisor)として関わっているようですね。

左下は、今まで何をしてきたか、そしてどの場所の何のマーケットに興味を持っているなど自己紹介、右側は、彼に関わる最近のニュースや、投資を受けた人たちからのレビューのセクションとなっています。

企業ページ

Dave Morin氏のポートフォリオ内にあったアイコンをクリックして、「Angel List」のページを開いてみました。

企業ページ

商品の説明、メディア掲載情報、創業者、チームメンバー、投資家などの情報とともに、右上には採用情報まで掲載されています。投資家や創業者など、携わっている人伝いに色々な企業ページを見ていると、スタートアップ間の関係図が見えてきて面白いです。

他にも

ちなみに、投資家ページも企業ページも、ここで紹介したのはあくまで「Overview」(概要)です。ページ上部のタブをクリックすることで、ページのアクティビティをチェックしたり、詳細情報を表示したりもできます。気になったページがあれば掘り下げて見てみましょう。

他にも

また、ユーザー登録をすることでお気に入りのページをフォロー/コメントをしてSNSのように使ったり、気になる企業の採用情報へページ内から応募したりできます。「気になる投資家を見つける」→「投資家のポートフォリオから新しいスタートアップを知る」→「スタートアップページを見てミッションに共感する」→「応募」というような、今までにない仕事との出会い方を経験できるかもしれません。

皆が知っている大手ではないこれから始まる企業のことは、調べようにもなかなか難しいと思います。実社会の上でそういった事情を知るには人から聞く口コミを頼らざるを得なかったのではないでしょうか。Angel Listはそういった「口コミ」や「人の関係」をWebに見事に適合されたサービスだと思います。

AngelList

(五十嵐 弘彦)

swiper-button-prev
swiper-button-next