特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneの連絡先をWindowsにシンプルかつ安全バックアップする方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneの連絡先をWindowsにシンプルかつ安全バックアップする方法

CopyTrans Contacts』はiPhoneの連絡先、カレンダー、メモ、メッセージ、ブックマークのバックアップ管理ができるWindowsツールです。iTunesやクラウドサービス経由ではなく、PCとiPhoneを直接有線(ケーブル)でつなぐので、情報セキュリティの観点からも、より安全なものとなっています。

同ツールは以前紹介したiPhoneの音楽管理ソフト『CopyTrans Manager』の連絡先版となっています。

正直真新しい機能が搭載されているわけではありませんが、動作が軽く、わかりやすいユーザーインターフェースなので、一度使うと手放せなくなってしまうでしょう。まず、こちらのリンクからソフトウェアをダウンロード、インストールしましょう。兄弟ソフト一覧がパッケージ化されている『CopyTrans Control Center』を立ち上げ、CopyTrans Contactsを選んでください。これで準備は完了です。

CopyTrans Contacts

ロック画面を解除したiPhoneを有線でPCに接続して、バックアップしていきましょう。

画面左にあるアイコンをクリックすると、上からそれぞれ「連絡先」「メモ」「カレンダー」「メッセージ」「ブックマーク」「デバイス情報」のバックアップができます。やり方は簡単です。該当するアイテムを選択し、「選択した項目をエクスポート」をクリックして、該当するローカルフォルダを選ぶだけ。

CopyTrans Contacts左側

バックアップしたファイルの中には、PC上で文字化け表示されてしまうものもありますが、iPhoneに復元すれば正常に表示されるようです。

また、メッセージはhtmlフォーマットでバックアップされます。一連のやり取りがメッセージアプリのように表示され便利です。

CopyTrans Contactsメッセージ

クラウド上に自動バックアップをするのに慣れている昨今。セキュリティの事や、クラウドサービスに問題が起きたときを考えると、ローカルにバックアップをする癖をつけてみても良いかもしれません。

ぜひ試してみてください。

CopyTrans Contacts(990円:2013年6月1日現在)

(五十嵐弘彦)

Photo by Tamaki Sono (Flickr)
swiper-button-prev
swiper-button-next