特集
カテゴリー
タグ
メディア

Macの起動が遅いなら、ログイン項目実行を調整する『DelayedLauncher』がおすすめ

  • カテゴリー:
  • TOOL
Macの起動が遅いなら、ログイン項目実行を調整する『DelayedLauncher』がおすすめ

Mac:起動時にMacがやたらと重いとしたら、ログイン項目(ログイン時に自動的に開くアプリケーションなど)が多すぎるのが原因かも知れません。

DelayedLauncher』は、こうしたログイン項目を時間差で実行することで起動をスムーズに行えるように開発されたツールです。

DelayedLauncherの使い方はとても簡単です

ダウンロード後、まずログイン項目に追加します(設定方法:[システム環境設定]>[ユーザとグループ]>[ログイン項目])。項目にあるDelayedLauncher以外のアイテムをログイン項目リストから削除した後、DelayedLauncherを起動し、開きたいアプリをアプリケーションフォルダからDelayedLauncherにドラッグします。Macを起動しログインした後、どのタイミングで他のログイン項目が実行されるのかの設定もここで行います。

コンピュータが全てのアプリを同時に起動させようとするのを制御することによって起動時間は短縮されるはずです。同様の機能性を持つ他のアプリもあります(英文)が、DelayedLauncherは使い方も分かりやすく、オプションも多数取り揃えられているのでおすすめです。

DelayedLauncher (無料) | via Make Tech Easier

Thorin Klosowski (原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next