特集
カテゴリー
タグ
メディア

Facebookで「見たくない投稿」をフィルタリングする方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
Facebookで「見たくない投稿」をフィルタリングする方法

友だちだからといって、趣味・嗜好がすべて一致するわけではありません。それはFacebookだって同じことです。Facebookのニュースフィードから、友達のまったく興味のないどうでもいい投稿や、見たくもないような嫌な投稿を隠してしまう方法をお教えしましょう。

ステップ1:『Social Fixer』をインストールする

130529blockfacebook2.jpg

まず、自分が使っているブラウザに対応している『Social Fixer』をダウンロードします。Social Fixerは、Facebookをあらゆる方法で使いやすくするブラウザの拡張機能(アドオン)で、見たくない投稿をフィルタリングすることもできます。まだインストールしていない人は、Social Fixerのウェブサイトからダウンロードしてみてください。インストールしたらFacebookを開いて、「Minimal Installation(最低限のインストール)」をします。そうすれば現状から大幅に変更されずに使い始めることができます。

ステップ2:見たくない投稿をフィルタリングする

130529blockfacebook3.jpg

次に、Facebookの上部の青いバーから、Social Fixerのオプション画面を開きます。「Edit Social Fixer Options」を選ぶと、設定画面が開きます。左のサイドバーから「Filtering」の項目を選びます。複雑なフィルタリングを設定することもできますが、まずはシンプルに見たくない言葉が含まれている投稿を隠すところから始めてみましょう。

例えば、アメリカの大統領選挙期間中で政治的な投稿は見たくないという時は、「Other」の「Matching Text」のところに「Romney(ロムニー)」「Obama(オバマ)」「republicans(共和党支持者)」「democrats(民主党支持者)」などの政治関連のキーワードを入れます。日本語にも対応しています。

/Romney|Obama|republicans|democrats/i

最後に「i」を入れるのをお忘れなく。これでフィルタが大文字と小文字を区別しないようになります。キーワードを入力したら、「Hide」のチェックボックスにチェックを入れ、上部の「Save」をクリックして保存します。

自分の見たくない言葉であれば、どんなものでも大丈夫です。複数入力したい時は、単語と単語の間を「 | 」で区切るようにします。Facebookに戻り、再読み込みすると設定が反映されます。その単語がニュースフィードに見当たらなかったら、Social Fixerがきちんと機能している証拠です。

ステップ3:見たくないリンクをフィルタリングする

130529blockfacebook4.jpg

これで見たくない投稿はフィルタリングできますが、画像やリンクはフィルタリングできません。見たくないリンクをフィルタリングするには、もう少し複雑な作業が必要になります。Social Fixerのオプション画面で「Filtering」の項目を再度開き、「Add New Filter」をクリックし、「Or Matching Selector:」のテキストボックスに以下を入力します。

a[href*="obama|romney|republicans|democrats"]

ここでも、ステップ2と同様見たくない言葉を入力し、複数ある場合は「|」で区切り、「Hide」にチェックを入れます。こうすると、その言葉が含まれるURLのリンクをフィルタリングしてくれます。自分が見たくないリンクをすべてフィルタリングできるわけではありませんが、言葉の設定次第ではかなりフィルタリングできると思います。最後に右上の「Save」をクリックしてFacebookに戻り、再読み込みしましょう。

上記の設定はあくまでフィルタリングの一例なので、自分の友だちや見たくない言葉などに合わせて、適宜微調整してみてください。うまく設定できて、Facebookを見てイライラすることが少しでも軽減されることを願います。

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

Image remixed from Globe Turner, LLC.
swiper-button-prev
swiper-button-next