特集
カテゴリー
タグ
メディア

家をDIYで修繕してみたい! 時間とお金を無駄にしない方法

家をDIYで修繕してみたい! 時間とお金を無駄にしない方法

ライフハッカー編集部さま

家の中で修繕が必要なところが出てきました。難しい作業はプロに任せるつもりですが、コストを下げるためにも、できる作業は自分で行いたいと思っています。そのためにも知っておくべきことを教えてください。

心配性の週末戦士(Worried Weekend Warrior)より

週末戦士さんへ

家の修繕をDIYするのはお金の節約になる上、家への愛着がわく素敵な行為だと思います。しかし、一歩間違うと時間もお金も無駄にしてしまいます。それだけにとどまらず、やり直しのため、余計なお金を払うことになる可能性もあります。また、DIYに慣れている人にでも危険を伴う作業があることも忘れてはいけません。以下を参考にDIYにするかプロに依頼するかを判断してみてください。

時間と労力をかけるに値する作業か

DIYはコストを抑えることができます。しかし、代わりに作業を行う時間が必要です。「自分でできることは何か」を考える前にまずは、必要な時間を作れるか、その作業が時間を費やすに値するかを考えましょう。

例えば、台所の機材一式を取り替えたいけれども週末にしか時間がないとします。その場合には、一週間から一ヶ月ほど台所が使えない状態になっても大丈夫か考えなくてはいけません。

また、その作業がそもそも楽しめるかも考えたほうがよいでしょう。床磨きはおそらく多くの人にとってつまらないものなはず。しかし造園などのように週末だけを使って楽しみながらできる作業もたくさん存在するはずです。

もうひとつ忘れてはいけないのは材料費です。業者向け値段は一般の価格と比較すると安く設定されているもの。個人で購入すると想像以上の値段である可能性があります。

安全性について

次のようなプロジェクトは除外して構いません。

  • 怪我を負う可能性または家に深刻なダメージを与える可能性があるもの
  • 主送電線やガスパイプに関連するもの。爆発や火災の原因になりかねません

さらに配管工事、アスベスト除去、屋根修理、ガスを使用する電化製品の修理などもDIYリストから除外したほうがよいでしょう。

家に深刻な問題を引き起こすものだってあります。例えば、「壁を取り壊す」という言葉だけを聞くと簡単にできそうですが、その壁の中に電気ケーブルやパイプが入っていてそれに気が付かずに取り壊そうものなら大惨事になりかねません。壁の取り壊しや天井の修繕など、あなたの家の構造に関わる作業にも簡単には手を出さないほうがよさそうです

さらに見落としがちですが、住んでいる場所によっては作業を行うにあたり許可得る必要や必然的にプロに依頼しなければならない可能性もあります。まずは地域のルールを確認してください

必要な知識・技術・道具を持っているか

最後のに決めるのはあなた自身。そのDIYを楽しめますか? 全ての作業を自力でこなせますか? 次を参考にしてください。

  • その作業に必要な全てのステップを知っていますか?
  • 必要な道具全てを持っている、もしくは借りることができますか?
  • 正しく作業するためにどれだけの技術と知識が必要で、それが備わっていますか?
  • 失敗した時にどのくらい費用が必要ですか?

DIYで修繕を始める

実際にDIYを始める際は規模が小さいものから試してみましょう 。例えば、庭にデッキを作りたいのであれば、前にまず花壇を作ってみるのもありです。

また、作業全てをDIYする必要はありません。できない部分をプロに任せてもよいでしょう。例えば、浴室の修繕は配管作業とタイル貼りをプロに依頼し、部品取り付けを自分でやってみるのもよいでしょう。

確かに自分の力で家を修繕できたらいいですよね。でも、わざわざ時間をかけて余計な失敗をしたくはありません。リスクと自分の技術を知り慎重に作業を選ぶのが大事かもしれません。

ぜひ日曜大工を楽しんでください!

ライフハッカーより

Melanie Pinola(原文/訳:Rhyeh)

Photo remixed from originals by FXQuadro (Shutterstock), Kucher Serhii (Shutterstock), Dave & Margie Hill / Kleerup , Bill Selak, Morgan, and Charles & Hudson .
swiper-button-prev
swiper-button-next