特集
カテゴリー
タグ
メディア

Android4.1以降の通知シェードを活用できる便利アプリ6選:ランチャーやToDoなど

Android4.1以降の通知シェードを活用できる便利アプリ6選:ランチャーやToDoなど

Android:Androidの通知シェードは、メールやテキストなどを見るだけの退屈なものではありません。アプリの起動や設定の変更など、実に色んなことができるのです。そこで今回は、通知機能をさらにパワフルなツールに変換してくれる便利なアプリケーションをまとめて紹介します。

注意! これらのアプリは全て「展開可能な通知機能」を使用するので、Jelly Bean 4.1以降が必要となります。4.1以降のバージョンでは、通知を拡大するのに通知を二本指でスワイプダウンします。4.2の場合は一本指、二本指どちらでスワイプダウンしても表示可能。二本指でスワイプアップすれば元に戻せます。

※アプリの価格や機能は、2013年5月26日現在のものです。

1.Quickly

130523quickly.jpg

Quickly』はシンプルなアプリランチャーで通知シェードに駐在します。アプリショートカットは1列から3列まで選択可能。より多くのカスタマイズオプションが欲しい、という方であればショートカットベースでどのアイコンを使うのかの選択をすることも可能。頻繁に使用する特定の連絡先へ電話をかけたりテキストを送信したりするためのショートカット設定も可能です。

通知の優先順位の設定を調整すれば、リストの上部に表示させたり非表示にしたりすることもできます。

Quickly(99円)|Google Play

2.StatusAgenda(ベータ版)

130523statusagenda.png

StatusAgenda』は通知シェードに次の予定を表示してくれるアプリです。拡大するとそれ以後のイベントもいくつか表示されます。右下の隅にあるボタンを押すと新規イベントの追加も簡単に可能。

Googleカレンダーのスケジュールと連携され、現段階では全てのイベントがインポートされてしまいます。カレンダーの内容を選択して表示させる機能は次のバージョンに搭載される予定だそうです。

StatusAgenda(無料)|Google Play

2.Notification Weather

130523notificationweather.jpg

このアプリは自分のエリアの気温や天気の概要(「やや曇り」など)をワンライン形式で表示してくれます。通知を展開すると最高気温、最低気温、4日間の天気予報などより詳細な情報が表示されます。

プロ版にはウィジェットをマニュアルでリフレッシュさせる機能やステータスバーアイコンを非表示にする機能が搭載されています。

Notification Weather(無料、プロ版は99円)|Google Play

3.notiShare

130523notishare.png

iOSの最新バージョンでは、どこからでもTwitterやFacebookに通知シェードから直接投稿できます。『notiShare』はAndroidで同様のことができるようにしてくれるアプリで、Google への投稿も可能です。どのソーシャルネットワークが拡大画面に表示されるのかをカスタマイズすることもでき、いずれかひとつをお気に入りとして設定し、通知をタップすると自動的に共有ダイアログが表示されるよう設定することも可能です。

notiShare(無料)|Google Play

4.Notable

130523notable.jpg

Notable』を使うと、「展開可能な通知」での新規リマインダ追加のオプションが表示されます。追加されたリマインダはシェード内で個別のエントリーとなります。優先順位に基づいて色分けすることもでき、それに基づいてどのくらい上位に表示されるのか、または受信メッセージの上に表示されるのか、下に表示されるのかを決めることができます。とてもシンプルで飾り気のないアプリです。リマインダをたくさん追加しすぎると見辛くなるのでご注意を。

Notable(無料)|Google Play

5.Informer

130523informer.jpg

Informer』はバッテリ残量やバッテリ温度、使用可能なRAM、空き容量、デバイスの現在の電圧まで教えてくれるアプリです。一部の情報はあまり多くの方には役に立たないかも知れませんが、いざという時にあると便利、かも知れません。

通知を展開するとカスタマイズ可能なボタンが3つ表示され、Wi-Fi設定、Bluetoothの切替、カスタムアプリの起動などをそれぞれ設定することができます。

Informer(無料)|Play Store

6.Notif Pro

130523notifpro.png

Notif Pro』を使うと通知シェードにカスタムリマインダを表示させることができます。4.のNotableとは違いNotif Proには多くのカスタマイズオプションが搭載されています。

優先順位やアイコン、タイトルや本文の設定だけでなく画像やリストなどの添付も可能。Todoリストの管理を完全に任せるには力不足かも知れませんが、直観的に使えるリマインダ機能が欲しい、という方であればかなり便利に使えそうです。しかもGoogle Nowの自分用音声メモ機能を使って通知を作成することもできるのでとても便利です。

Notif Pro(99円・制限付の無料版もあり)|Play Store

これらのアプリは、すべていっぺんに使ってみるというより、個別に活用するのがいいです。優先順位の設定がまちまちな上、設定できないアプリもあるので、非常に重要なメッセージが長いリストのどこかにポツンと表示されているような状態にもなりえます。

ただ、うまく使ってやれば通知シェードをパワフルなツールとして使うことが可能になりますよ!

Eric Ravenscraft (原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next