特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windows 8のインストール用DVDまたはUSBメモリを作成する方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
Windows 8のインストール用DVDまたはUSBメモリを作成する方法

center; display: block; margin: 0 auto 20px;" />

Windows 8へのアップグレードは、マイクロソフトが提供しているアップグレードツールを使えば簡単にできるようになっています。しかし、なんらかの事情があり、これまで通りのインストール用ディスクが必要になったけれど、いったいどこで入手できるのかわからない...そんな場合は、自分で作成してしまう方法が一番楽かもしれません。

実は注意深く見てみると、Windows 8のアップグレードツールには、DVDまたはUSBメモリを作成するオプションが存在します。ですが、まずはアクティベーション画面を通り過ぎる必要があります。

Windows 8 インストール用DVDまたはUSBドライブを作成する方法

  1. Windows 8のインストーラーをマイクロソフトのウェブサイトからダウンロードし、既存のWindowsシステムから起動させます。実は、アップグレードしようとしているPCから開く必要はないので、Windows 8をすでに搭載しているパソコンからでも構いません。
  2. ライセンス番号を聞いてくるので、Windows 8を購入した時に受け取ったキーを入力。
  3. ライセンス画面を過ぎたら、Windows 8のインストール方法を聞いてくるので「メディアを作成してインストール」を選択。

    150515createmedia.jpg
  4. 次に、フラッシュドライブまたはISOファイルのいずれかを選択します。USBドライブを作成したい場合、USBフラッシュドライブを選択。DVDを作成する場合はISOファイルを選択します。
  5. ISOファイルを選択した場合、ImgBurnなどを使用してDVDを作成します。

ここに注意!

インストール用のメディアを32ビットのPCで作成すると、ISOファイルは32ビット用となります。64ビットのPCならば64ビット用です。ですので、アップグレードしたいPCに合わせてISOファイルを作成してください

また、Windows 8のアップグレード版の場合、このディスクを使って空のハードディスクにクリーンインストールすることはできません。クリーンインストールしたい場合はWindowsの別バージョンのコピーが必要となります。

手順に従ってやればさほど難しい作業ではありません。ディスクを作成してWindowsをアップグレードする必要がある方は参考にしてみてください。

Download Windows 8 ISO From Microsoft | NirmalTV

Whitson Gordon (原文/訳:まいるす・ゑびす)

Image remixed from Nemo and geralt (Pixabay).
swiper-button-prev
swiper-button-next