特集
カテゴリー
タグ
メディア

やせたいならば、「ヘルシー」禁止。その理由

cafeglobe

やせたいならば、「ヘルシー」禁止。その理由

歳も30を超えると、身体のことを考えて食生活に気を遣っているという話をよく聞きます。極力健康的な食事を摂るようにしている人も多くいることでしょう

ただし、こうした食生活をさして「ヘルシー」という言葉で呼ぶことが、必ずしも効果的に働くわけではないようです。カフェグローブで紹介されていたのは、健康食サイト「Summer Tomato」を運営するDarya Roseさんの話。

ダイエットをせずに食事と脳の仕組みで痩せることを提案した著書『Foodist』を発売した彼女は、脳を上手に使うことで痩せられるというのです。なかでも、食生活についての言及のひとつを以下紹介します。

【1】食べ物を「ヘルシー」と呼ばない

「ヘルシー」という言葉には「美味しくない」「お腹が満たされない」というマイナスイメージがあることから、その言葉を使うと脳が否定的な反応をしてしまいます。実際「ヘルシー」ではなく、「美味しい」「新鮮」と呼ぶことで、食事量は少なくてもその食事を楽しむことができるという研究結果もあるほど。今後は食事について「ヘルシー」を使うのはやめましょう。

引用元の記事では、その他含め、5つの「『やせる脳」の作り方」が紹介されています。どうぞチェックを。

自分の脳をコントロールすれば簡単にダイエットできる!? 「痩せる脳」を作る5つの方法|カフェグローブ

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next