特集
カテゴリー
タグ
メディア

1日たったの7分間! 最新の研究で実証された高効率エクササイズ

1日たったの7分間! 最新の研究で実証された高効率エクササイズ

運動不足なのはわかっているけど...そんな毎日忙しすぎて運動する時間がない人にはうれしいニュースです。

健康科学分野における最新の研究によると、12種類の簡単なエクササイズで最大のフィットネス成果が得られることがわかりました。しかも、このエクササイズにかかる時間はたったの7分間です。

1305157minute_exercises_2.jpg
(クリックすると別ウィンドウで拡大します)

1. 挙手跳躍運動

2. 壁に背を付けて座る

3. 腕立て伏せ

4. クランチ(上体起こし)

5. 椅子の上り下り

6. スクワット

7. 椅子を使った上体支え

8. プランク(体を水平にして支える)

9. ハイニー(太もも上げ)

10. ひざ突き出し

11. 腕立て伏せ&挙手

12. サイドプランク

このエクササイズはインターバルトレーニングに基づいて考案されています。インターバルトレーニングとは高負荷と低負荷の運動を交互に繰り返し、効率を最大限に引き出すトレーニング方法です。サイクリングのような運動でも、方法によっては同様の効果が得られますが、今回は「誰でも簡単にできるエクササイズ」であることが要です。

このエクササイズは、米国スポーツ医学会が発行する健康科学誌『ACSM's Health & Fitness Journal 』で発表され、米誌『New York Times』でも紹介されました。

このエクササイズは素早く行うのがポイントです。12種類のエクササイズにそれぞれ30秒ずつかけて、(間に10秒間の短い休憩を入れながら)最後まで行ってください。フィットネス科学の専門家であるJordan氏によると、このエクササイズの大変さは「10段階で考えて8程度」とのこと。とてもハードなエクササイズですが、たった7分間で終わります。

一部のエクササイズには椅子が必要ですが、最小の動きで最大のフィットネス効果が得られるように設計されています。ただ、座って仕事をする人向けの簡易エクササイズなので、スリムな体型を目指すなら数セット続けて行うと良いでしょう。さらなる詳細は下記リンクをご覧ください。

The Scientific 7-Minute Workout | The New York Times

Melanie Pinola(原文/訳:大嶋拓人)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next