特集
カテゴリー
タグ
メディア

タスクの自動化により5年間でどれくらいの時間を節約できるか

タスクの自動化により5年間でどれくらいの時間を節約できるか

タスクの自動化についてはライフハッカーでも紹介してきましたが、やり過ぎることで時間を無駄にし逆効果になることもあります。

冒頭の簡易チャートのように、タスクを自動化することでどれくらい時間が節約できるのか計算しておきましょう。このチャートはかなりざっくりと計算しているものです。横軸はそのタスクをどのくらいの頻度でやるか、縦軸はタスク毎に短縮される時間、表の中には5年間で合計どのくらいの時間が節約されるか表されています。

もちろん、完全でない点もあります。タスクによっては自動化して5年経ってもほとんど時間を節約できないものもあると、ブログメディア「Boing Boing」では言っています。

私は、Randyさんがこのチャートに書いている数字が本当は半分だと考えてもいいと思います。自動化されたルーチンワークというのは、5年以内に大きくやり方が変わったり、求められることが増えたりするからです。またこのチャートでは、あなたが偶然の発見するかもしれない革新的な裏ワザも考慮していません。

全てのタスクに適応できるはわからないものの、大きなプロジェクトで、何かの作業を自動化するかどうか検討する時は、この簡易チャートを見て考えるのも悪くありません。ぜひ参考にしてみてください!

Is It Worth the Time? | xkcd via Boing Boing

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next