特集
カテゴリー
タグ
メディア

脚がつってしまう原因とその予防策~水分補給をするとよい

脚がつってしまう原因とその予防策~水分補給をするとよい

年齢や体型に関わらず、急に脚がつって数秒間動けなくなることがあります。大抵しばらくするとよくなりますが、なぜ「つってしまう」のか疑問に思っている人もいるでしょう。米紙「The Wall Street Journal」にいくつかの原因が載っていました。ほとんどの場合、脚がつるのは脱水症状が原因だそうです。

水分補給が足りなかったり、激しい運動を続けたりすることで起きると思われている脱水症状。それが(つってしまうことの)主な原因だとMorrissey博士は言います。水分が不足すると、塩、カリウム、カルシウムなどの電解質がなくなります。電解質が足りないと、筋肉がけいれんしやすくなります

別の原因として考えられるのは、長時間立ちっぱなしのせいで起こる筋肉の機械的ストレス、もしくは固い地面を歩くことによる筋肉疲労です。どちらも夜寝ている間に脚がつる原因になります。タバコの吸い過ぎやアルコールの飲み過ぎなどで電解質のバランスが崩れても、突然脚がつることがあります。

突然筋肉がけいれんしても、継続的に発症していなければ心配する必要はありません。それでも我慢できないという場合は、予防策がいくつかあります。

水分を十分に補給して電解質のバランスを保つことでほとんどよくなるとMorrissey博士は言います。夜寝ている間に脚がよくつる人は電解質を含むスポーツドリンクを寝る前に飲むといいそうです。また、寝る前に筋肉を強化する運動をするのもいいです。

「足の親指を手前に引っ張る」というような対処療法しかないと思っていた人は、試してみてはいかがでしょうか。

Quick Cures/Quack Cures: Mystery Muscle Cramps | The Wall Street Journal

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

Photo by Army Medicine.
swiper-button-prev
swiper-button-next