特集
カテゴリー
タグ
メディア

日本語対応したスワイプ操作の文字入力アプリ『Swype』。使い心地は果たして?

タブロイド

  • カテゴリー:
  • TOOL
日本語対応したスワイプ操作の文字入力アプリ『Swype』。使い心地は果たして?

Swype』は、文字入力アプリ。タップではなく、スワイプ操作で入力するという全く新しい入力スタイルのキーボードです。

文字入力のがしづらいのは、スマホを使っていて感じる不満の中で特に多いものの1つ。本アプリは、今までにないアプローチで、その不満を解決してくれます。

どのように使うのか動画にしてみましたので、実際にご覧ください。

いかがでしょう、なかなかすごいと思いませんか? スマホのタッチパネルをうまく活用していますね。

では、もう少し詳しい使い方を。

本アプリは、打ちたい文字をスワイプでなぞると、自動でどんな単語を入力しようとしたのか判断してくれます。たとえば、「あんこ」と入力したければ、下画像のようにスワイプすればOK。

130425_swype_01.jpg

しかし、よく見てください。この動きだと、アプリ側は「あんこ」と入力したかったのか、「あの」と入力したかったのか、判断できません。そのため、毎回変換候補がいくつか表示されます。この中から、入力したかった単語をタッチしましょう。

130425_swype_02.jpg

かなりアバウトになぞってもしっかりくみ取ってくれますので、慣れればフリック入力よりもさらに素早い入力が可能となりそうです。非常に大きな可能性を感じる入力方法だと思います。

ただし...

ボキャブラリーが足りない!

入力に対する理解力はすばらしいのですが、とにかく単語力が足りません。特に外来語と固有名詞の変換は、かなり厳しいです。

例えば、カタカナで「タブロイド」と入力するため「TABUROIDO」の順なぞると、何回やっても「つよし」になってしまいます。誰だよ

>>レビューの続き&ダウンロードはこちら(TABROID)

swiper-button-prev
swiper-button-next