特集
カテゴリー
タグ
メディア

15カ国語対応! カメラに写した単語をその場で翻訳するアプリが海外旅行にも使えそう

タブロイド

15カ国語対応! カメラに写した単語をその場で翻訳するアプリが海外旅行にも使えそう

これは英語の先生泣かせだわー。

Worldictionary(ワールディクショナリー)』は、カメラに写っている単語をその場で翻訳してくれるiOS/Androidアプリ。紙に書かれた英語を書き写したり、パソコンや電子辞書に打ち込む必要もありません。

一体どのようにして使うのか、実際に使っているところを見ていただくのがわかりやすいでしょう。

130429tabroid-republished_2.jpg

こんな感じになります。虫メガネ内が、現在カメラに写っている範囲。中心にあるオレンジ色部分に重なった単語が、リアルタイムに翻訳されていきます。これはすごい。英語の教科書も、辞書なしでスイスイ翻訳できてしまいますね。

学生の方でなくても、役に立つ場面はたくさんあります。例えば海外に行った時、街中にある看板や案内も、本アプリを向ければすぐに書いてある内容が訳せるわけです。15カ国語に対応していますので、大半の国で使えるでしょう。

また、その他にも便利な機能がたくさんあります。シャッターボタンを押すと、写っている範囲が画像として取り込まれます。画像内の単語をタッチすると、触った部分の単語が翻訳されます。

130429tabroid-republished_3.jpg

また、画面下部にある本のアイコンをタッチすると、画面に写っている単語が一括して翻訳されます。すごい。

130429tabroid-republished_4.jpg

紙に書かれた英語を翻訳することが多い方には、非常に助かる存在となってくれるのではないでしょうか。自分が学生の時にこのアプリがあれば...と、思わずにはいられません。今の学生さん、うらやましいぜ。

>>レビューの続き&ダウンロードはこちら(TABROID)

swiper-button-prev
swiper-button-next