特集
カテゴリー
タグ
メディア

自動化して簡単:ウェブ日記をつけてみよう!

  • カテゴリー:
  • TOOL
自動化して簡単:ウェブ日記をつけてみよう!

日記をつけるのは楽しそうですが、すべてを記録するのは大変なことです。そこで、自動化サービス「If This Then That (IFTTT)」を使い、カレンダーのイベント、写真、ソーシャルメディアへの投稿などをEvernoteに自動保存するようにしてみましょう! 自動化された簡単日記のできあがりです。

以前、IFTTTの便利な使い方はご紹介しましたね。自動化の「レシピ」の作成は簡単です。タスクのトリガー(Googleカレンダーの予定が開始した時など)とアクション(Evernoteに保存するなど)を選ぶだけ。

Facebookのタイムラインに似ていますが、保存するものを自由に選べて他の人にも見られないので、日記に最適です。

必要なもの

まだであれば、IFTTTEvernoteのアカウントを登録します。

私の場合は、Googleカレンダーの予定、Instagramの写真、「#today」のタグがついたツイート、Facebookの近況アップデートをEvernoteに自動保存しています。保存したいサービスをIFTTTのChannels pageでアクティベートしておきましょう。

ステップ1:Evernoteをセットアップする

Evernoteに「Journal」など任意の名前でノートブックを作成します。この中に、「Auto Journal」というノートが自動作成されていきます。ノートのタイトルはいつでも変更可能。2MB以上になると、新しいノートが作成されます。

ステップ2:Evernoteに更新内容を自動保存するレシピを作成する

私の使っているレシピをシェアしますので、「レシピをダウンロードする」のリンクからダウンロードして使ってください。設定内容を変えたい人もいると思いますので、設定手順も紹介しておきます。

Googleカレンダーの予定をEvernoteに保存する

Googleカレンダーの予定をEvernoteに保存する

アクション内容:Googleカレンダーに「diary」という単語を含む予定を追加すると、予定の詳細情報がEvernoteの「Diary」ノートブックの「Auto Journal」ノートに保存されます。

「this」トリガーで、Googleカレンダーを選び、モニターする予定を定義します。私は、カレンダーの予定すべてをジャーナルに保存するつもりはないので、「diary」という単語を含んだイベントだけを保存対象としました。予定のタイトル、場所、説明などの中にこの単語が見つかれば、予定の開始時刻から15分以内にEvernoteに自動保存されます。

次に、「that」アクションでEvernoteを選択。ノートのタイトルは「Auto Journal」、ノートブックは「Diary」を指定します。

これで、Evernoteのノートに、Googleカレンダーの予定のタイトル、説明、開始・終了時刻、カレンダーへのリンクが自動記載されるようになりました。

レシピをダウンロードする

Instagramの写真をEvernoteに保存する

Instagramの写真をEvernoteに保存する

アクション内容:Instagramで写真をシェアしたときに、Evernoteの「Diary」ノートブックの「Auto Journal」ノートにその写真が追加されます。

設定は簡単。Instagramのアカウントを関連づけ、Evernoteのノートブックの名前とノートのタイトルを、上記と同様に設定するだけ。

写真は、キャプションや作成日付と共にノートに保存されます。

レシピをダウンロードする

ツイートをEvernoteに保存する

ツイートをEvernoteに保存する

アクション内容:ハッシュタグ「#today」のついたツイートやリツイートをEvernoteに保存します。もちろんハッシュタグは好きなものを設定可能。

ノート本文にツイート、ツイートへのリンク、作成日時が記載されます。

レシピをダウンロードする

Facebookの近況アップデートをEvernoteに保存する

Facebookの近況アップデートをEvernoteに保存する

アクション内容:Facebookに近況アップデートを投稿すると、Evernoteの「Auto Journal」ノートに保存する。

こちらも簡単なレシピです。ノートの本文には、近況アップデートの投稿内容と日時が記載されます。

レシピをダウンロードする

これ以外にも

他にもWordPressやPosterousのブログ、Foursquareのログイン記録、SMSのメッセージなどを自動保存することも可能です。IFTTTの機能をフル活用して、多彩な日記を作ってみてください。

また、IFTTT以外にも『Everyday.me』を使う方法もありますよ。

Melanie Pinola(原文/訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next