特集
カテゴリー
タグ
メディア

電子レンジで使うと危険なのは「使い古したプラスチック容器」

電子レンジで使うと危険なのは「使い古したプラスチック容器」

ほとんどの人がプラスチック容器に食べ物を入れて電子レンジで温め直したことがあると思います。しかし、何度も使い続けていると、壊れたり、プラスチックの成分が染み出て食べ物に混入したりします。米紙「The Wall Street Journal」が容器の捨て時を紹介していました。

どの程度の量の化学成分が食べ物に混入するかは、容器に使われているプラスチックのタイプ、温めた時間、容器自体の状態による、とHalden博士は言っています。古くて、ひび割れていて、何度使い回している容器は、温めた時に毒素が出ることが多いそう。変形、変色したら、取り替え時期だというサインです

また時期に関係なく、クリームやバターがたっぷりの食べ物を、プラスチック容器に入れて温め直すのは良くありません。「脂肪分の多い食品は、温められた時に毒性のある化学成分をより吸収しやすい」と博士は言っています。

本当は陶器やガラスのものを使えばいいだけかもしれません。しかし、プラスチック製の容器は安価で使い勝手がよいものです。悪い成分が出る前に取り替えられるよう、注意して使いましょう。

Burning Question: Is it OK to Heat Food in Plastic? | The Wall Street Journal

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

Photo by Sarah.
swiper-button-prev
swiper-button-next