特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneの容量を気にせず音楽を楽しめる、クラウド活用アプリ『クラウド ミュージック プレイヤー』

タブロイド

  • カテゴリー:
  • TOOL
iPhoneの容量を気にせず音楽を楽しめる、クラウド活用アプリ『クラウド ミュージック プレイヤー』

iOS:私のiPhoneは16GB。この中には既に多くの写真やアプリが詰まっているので、私の大好きな音楽たちを入れるスペースがあまりありません。

これでは困ると悲しい顔をする私に手を差し伸べてくれたのは『Cloud Music Player(クラウド ミュージック プレイヤー)』というアプリでした。まず"クラウド"ってのはなんだってことなんですけども。

考え方としてはコインロッカーみたいなもので、自分の持っているファイルをネット会社に預かってもらうサービスのことです。ネット回線さえあれば、スマホでもPCでもいつでもファイルを預けるor取り出すことができるので、わざわざUSBメモリーなどを使ってデータを移動する...なんてことはしなくていいわけです。

そんなクラウドサービスを音楽プレイヤーとして活用してくれるのが、こちらの『Cloud Music Player(クラウド ミュージック プレイヤー)』なのでございます!

どういうことか説明しますと、SkyDrive, Box.com, Dropbox, Google Driveの4種類のクラウドサービスに預けた音楽ファイルを再生してくれるというものです。

音楽を再生するには常にネット環境が必要になりますが、iPhoneならば3G回線もあるので、余程の地下や山奥じゃなければまず問題なく通常の音楽再生アプリと同じように使うことができます。

つまり! クラウドサービスを使用することでiPhone内に音楽ファイルを置く必要がなくなり、もうiPhoneの容量を気にせずガンガン音楽を楽しむことができるのです。

使い方

では使い方を。

130406_cl3.jpg

今回はSkyDriveを使ってみます。無料で7GBももらえるので嬉しいですね。3分程度の曲であればだいたい1500曲くらい入る計算になります。ちなみにBox.comは時々無料で50GBもらえるキャンペーンなんてのもやってますので、それをゲット出来ればもう完全にこっちのもんですね。

130406_cl5.jpg

アカウント情報を入力してサインインすると確認画面が表示されるので、下にスクロールして完了ボタンを押します。

130406_cl7.jpg

これでSkyDriveとの連携が完了しました。あとは音楽ファイルをSkyDrive内にガンガン放り込んで行けばいいのです。

130406_cl8.jpg

リピート再生やシャッフル再生機能もあります。音楽再生中にドンドン読み込んでいってくれるので、普通に聴く分には特に途切れることもありません。

>>レビューの続き&ダウンロードはこちら(TABROID)

swiper-button-prev
swiper-button-next