特集
カテゴリー
タグ
メディア

肌荒れ、イライラ、倦怠感...なんとなく続く不調の原因は「遅発型フードアレルギー」かも

cafeglobe

肌荒れ、イライラ、倦怠感...なんとなく続く不調の原因は「遅発型フードアレルギー」かも

疲れやすい、眠れない、肌が荒れる、イライラしたり集中力が低下したり、メンタルが不調......そんな「なんとなく」の体調の悪さが、慢性化していませんか?

そんな「なんとなく不調」の原因として最近注目されているのが「遅発型フードアレルギー」です。ウェブサイト「太陽笑顔fufufu..net」によれば、アレルゲンを摂取するとすぐに症状が出るフードアレルギーの他に、アレルゲンを摂取して数時間~数日経ってから症状が現れる「遅発型」というタイプも存在することがわかったそう。

摂取後すぐに症状が出ず、症状のバリエーションも様々なので、それが原因であることがわかりにくいのが遅発型フードアレルギー。意外なことに10人中8人に何らかの陽性反応が出たというデータもあるそうです。

さらにこのアレルギーの手ごわいところは「食生活に気を使って、毎日いいものを食べている」という人ほど要注意であるという点。たとえば「腸の健康のために毎朝食べているヨーグルト」など、常食しているものほど、遅発型のアレルゲンになりやすいんだそうです。健康や美肌のために毎日食べていたものが慢性的な不調の原因だった......なんてこともありうるわけですね。

アレルゲンとなる食べ物は人それぞれに多様なのですが、アレルゲンになりやすい食べ物としては、卵や、牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品、アスパラガスや小麦などが多いそうです。

>>続きを読む(カフェグローブ)

swiper-button-prev
swiper-button-next