特集
カテゴリー
タグ
メディア

一日のToDoリストを9つに限定する「1-3-5の法則」で優先タスクに集中!

一日のToDoリストを9つに限定する「1-3-5の法則」で優先タスクに集中!

長すぎたり、合理的でなかったりと、ToDoリストの作り方が良くないせいで仕事がはかどっていない場合がよくあります。ToDoリストを完全に捨ててしまう必要はありませんが、「1-3-5の法則」を使ってタスクに優先順位を付けると、より仕事がはかどるようになります。

ToDOリストに使える「1-3-5の法則」

毎日、その日にやらなければならないことを、大きな仕事を1つ、中くらいの仕事を3つ、小さな仕事を5つに分けて、仕事が終わるように計画を立てます。

こうすると、ToDoリストのタスクは9つだけになります。それ以外のやらなければならないことは、ひとまずToDoリストアプリの中に入れておきます。

以前に紹介した「3+2の法則」に似ていますが(大きな仕事を3つ、小さな仕事2つにするというもの)、これも単なるToDoリストの作り方のひとつに過ぎません。優先しなければならない仕事に集中できるというのが、どちらにも共通のメリットです。人にもよりますが、「1-3-5の法則」の方が多少やりやすいかもしれません。もちろんどちらを使っても構いませんので、自分の使いやすい方を試してみてください。

以下のリンク先の「The Daily Muse」のページで、記事冒頭の画像のToDoリストテンプレートがダウンロードできます。使ってみたい人はいかがでしょうか。

A Better To-Do List: The 1-3-5 Rule | The Daily Muse

Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next