特集
カテゴリー
タグ
メディア

Macのセキュリティレベルをもう一段高める、自動ログアウトのすすめ

  • カテゴリー:
  • TOOL
Macのセキュリティレベルをもう一段高める、自動ログアウトのすすめ

OS X:一定のセキュリティレベルを確保する為に、一定時間経過したらスクリーンセーバーを開始するようにして、解除する時は、パスワードを入力するようにしている方も多いはずです。

職場のMacであれば、これで覗き見や不正利用されることが少なくなりますが、もう一段、セキュリティレベルを高める方法をご紹介します。その方法とは、「時間がたつとログオフする機能」を使うこと。設定方法は、次のとおりです。

システム環境設定を起動して、[セキュリティとプライバシー]をクリックします。画面右下にある[詳細...]をクリックします。表示されるダイアログの中で「使用しない状態が__分間続いたらログアウト」にチェックを入れます。

※時間は自由に変更できますが、値を変更したあと、左側にある鍵アイコンでロックをしないと反映されないので、設定の際には注意が必要です。

自動ログアウトを有効にすると、アプリケーションが終了し、開いているドキュメントは、すべて閉じられます。スクリーンセーバーとは違い、アプリが動いていないので、把握しない動作をしていないかなど、いらぬ心配をしなくてよくなります

とは言っても、あまり短い時間の設定で使っていると、作業に支障がでるので、自動ログアウトだけではなく、スクリーンセーバーと組み合わせて使うのがオススメです。私の場合は、スクリーンセーバーの開始を5分に設定して、自動ログアウトを30分に設定して使っています。

標準機能で使える機能です。Macのセキュリティレベルをもう一段高めておきたいと考えている場合に試してみてください。

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next