特集
カテゴリー
タグ
メディア

クリーンブルーデスクトップ~究極のデスクトップを求めて

クリーンブルーデスクトップ~究極のデスクトップを求めて

米Lifehacker読者Sony Samuel Somarさんのデスクトップは、Rainmeterスキンを使用しながらもシンプルでミニマル。美しく、かつ機能的でもあります。

今回のケースに限っては、デスクトップがクリーンでオープンなことが勝因といえるでしょう。時間を確認したいのであれば時計は画面の中央に。作業中にちょっと確認したいウィジェットは画面のサイドに配置されています。

Windowsデスクトップで同じ見栄えのものを作成したい、という方は下記が必要です。

  • 壁紙:壁紙は青のべた塗り一色。Windowsのパーソナル設定から選択可能。
  • Rainmeter:Windows用システムカスタマイズおよびモニタリングツール
  • Rainmeter用Enigma Suite:時刻/日付の下のショートカットおよび左側のシステムモニター
  • Rainmeter用Encodedスキン:画面右端の日付、時刻、天気
  • Rainmeter用Arcsスキンを使って画面中央の時計を作成

究極のデスクトップとは、つまり「無駄が削ぎ落されたシンプルなものである」ということをこのデスクトップは教えてくれます。画面中央の時計は作業中には見えないし、不要に思う方であればArcsスキンの部分をスキップして作成してみてください。

設定方法がいまいちわからない方はオリジナルスレッドから質問してみてください。Rainmeterの使い方を知りたい、と言う方はRainmeterガイドをどうぞ。

他の読者とぜひとも共有したい究極のデスクトップをお持ちの方は、ぜひコメントたFacebookページで教えてください。作り方の解説、スクリーンショットもお忘れなく。

Original Thread via #featured-desktop

Alan Henry(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next