特集
カテゴリー
タグ
メディア

何ができるかやってみた:全駅にて無料Wi-Fiが使えるようになった東京メトロ「MANTA」

何ができるかやってみた:全駅にて無料Wi-Fiが使えるようになった東京メトロ「MANTA」

プレスリリースによると、2013年4月1日より東京メトロの駅構内無線LANである「MANTA」が東京メトロ全駅にて利用できるようになりました。このサービスでは駅の時刻表や駅構内図情報などを受信できるほか、無料インターネット接続が可能。iOSおよびAndroid端末にて利用できます。

このサービス、確かに無料なのですが、1回のアクセスで15分以内、1日5回までの制限があります。いったいどのように利用すればいいのか、実際にちょっと試してみました

130402manta01.jpg

このサービスを利用するには、スマホ専用アプリ(iOS版Android版)が必要。これらのアプリは無料でダウンロードできます。メールアドレスなどを登録後、画面中央に表示されている「無料インターネット」をクリックすれば、無料Wi-Fiを使うことが可能です。

130402manta02.jpg

試しに東京メトロ新宿三丁目駅にてアプリを起動してみました。駅の構内であれば、「MANTA」のコンテンツを利用することができました(ホームによってはつながりにくいところもあります)。「Today's NEWS」をタップすると、動画コンテンツ(4月2日現在では「Oha!4」)が観られました。

130402manta03.jpg

Wi-Fi接続画面にて「Metro_Free_Wi-Fi」につなぎ、「MANTA」サイトの「無料インターネット」を選択すると、無料のWi-Fiに接続できます。

130404manta04.jpg

駅を移動するちょっとした時間にWi-FiにつないでRSSリーダーを読み込んだり新聞・雑誌コンテンツ(『産経新聞』や『ビューン』などのアプリ)をダウンロードしたりできるので、地下鉄に乗る前にあらかじめ読み込んでおいて電車内で閲覧するなんてこともできそう。無料Wi-Fi接続時間には制限がありますが、コンテンツを落とすくらいであれば問題はありませんでした。

東京メトロでは、先日(3月21日)より全線でネット接続が可能になったばかり(3月21日より、東京メトロ全線でネット接続が可能に)。今後、ますます地下鉄構内でのスマホ・タブレット利用が便利になりそうです。

■サービス提供機関

2013年7月31日まで

※その後の提供は未定

■サービス提供エリア

東京メトロ全駅

※和光市駅、目黒駅、北千住駅(日比谷線)、渋谷駅(副都心線)は他社管理駅のためサービス提供エリア外

■利用できる主なサービス

・滞在駅の時刻表、乗車位置案内、駅構内図情報

・当日のニュース動画(平日のみ)のダウンロードおよびコンテンツ閲覧

・最新の「Saku ヨミ」コンテンツのダウンロードおよびコンテンツ閲覧

・無料インターネット接続サービスの利用

※規約への同意等が必要。1回のアクセスで15分以内、1日5回まで

・最新の運行情報

・各駅の情報を検索

・東京メトロの鉄道情報に関するお問い合わせ

(問い合わせ可能時間9:00~20:00年中無休)

■その他

・サービスを利用するには、対応端末で専用アプリのインストールが必要

・一部コンテンツご利用には、東京メトロ駅構内無線LANスポットでのSSID「Metro_Free_Wi-Fi」への接続が必要

NTTブロードバンドプラットフォーム、東京メトロ全駅で「MANTA」のサービスエリア拡大 | 日経プレスリリース

安齋慎平

swiper-button-prev
swiper-button-next